人気批評家エミリー・ナスバウムが選ぶ2019年のベスト番組10本

2019年12月31日 10:00

「Fleabag フリーバッグ」の一場面
「Fleabag フリーバッグ」の一場面

[映画.com ニュース] 米ニューヨーカー誌の人気批評家エミリー・ナスバウムが、2019年のベスト番組10本を選出した。

順位をつけることができなかったという10作品のリストには、女優・クリエイターとして大躍進中のフィービー・ウォーラー=ブリッジが主演・脚本・制作総指揮を務める「Fleabag フリーバッグ」や、オカルトファンが超常現象ビジネスを始めるホラーコメディ「Los Espookys」が挙がった。

また、ブラックカルチャーを彩った往年の名番組(フェイク)を振り返るドキュメンタリーという体裁のコメディ「Sherman’s Showcase」、ヘイリー・スタインフェルドがエミリー・ディキンスン役で主演する「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」なども選ばれている。

ナスバウムが選んだ10作品は以下の通り。

▼「Fleabag フリーバッグ」
▼「サクセッション」
▼「Los Espookys」
▼「Watchmen」
▼「ボージャック・ホースマン」
▼「Sherman’s Showcase」
▼「ジェーン・ザ・ヴァージン」
▼「クレイジー・エックス・ガールフレンド」
▼「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」
▼「ロシアン・ドール 謎のタイムループ」

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース