新田真剣佑、共演者らの入れ替わりたい願望にドヤ顔も「イヤだよ」

2019年12月2日 20:26

独自路線を貫いた新田真剣佑
独自路線を貫いた新田真剣佑

[映画.com ニュース] 俳優の新田真剣佑北村匠海がダブル主演する映画「サヨナラまでの30分」の完成披露試写会が12月2日、東京・有楽町朝日ホールで行われた。

2人は共演の久保田紗友葉山奨之上杉柊平清原翔萩原健太郎監督とともに舞台挨拶。新田は、「いろんなメッセージがあって、若い人には挫折をしてもチャレンジを忘れないで、僕らより上の世代には一度挫折しても“上書き”をして乗り越えてできるようにする、ということを感じてほしい」とアピール。北村は、「忘れかけていた青春を撮影で取り戻せた。このチームで作り上げられたことがうれしい」と充実した笑顔を見せた。

1年前に死んだミュージシャンの新田と現在の学生の北村が、30分だけ体を入れ替えることで起こる奇跡を描く青春群像劇。2人は4度目の共演でプライベートでも仲が良く、挨拶中も新田が北村の頭をなでるなどちょっかいを出して、女性ファンをざわつかせた。

新田は北村にしか姿が見えない設定のため、撮影中は「さみしいところがあった」と嘆き節。すかさず、北村や上杉が「アドリブで、けっこう笑わせにきてたじゃん」とツッコむ。それでも、「僕は楽しかったよ」とあっけらかんと言い放ち、会場の笑いを誘った。

30分だけ入れ替われるとしたら誰になりたいかというお題になると、葉山と清原、そして萩原監督も新田を指名。葉山は、「このビジュアルが欲しい。それで渋谷を歩いて、キャーキャー言われたい」と夢想。清原も、「さっき胸を触らせてもらったけれどムキムキ。俺も渋谷を歩きたい」と懇願した。

新田は、その度にドヤ顔でポーズを取ったが「イヤだよ」とあっさり拒否。自らは、登壇者と関係なく「来年、五輪じゃないですか。100メートルで勝った直後の人になりたい」とあくまで独自路線を貫いていた。

サヨナラまでの30分」は、来年1月24日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース