「IT イット THE END」ペニーワイズ役、顔のバリエーションは「10種類くらい」

2019年10月24日 17:00

素顔はイケメン
素顔はイケメン

[映画.com ニュース]大ヒットホラーの完結編「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」でピエロのペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドが、演技のポイントや、ペニーワイズの内面について語った。

前作では、メイクを施した強烈な外見以外にも、不気味な笑い声、独特な存在感で見る人々に恐怖を植え付けた。完結編で再びペニーワイズを演じるにあたり、スカルスガルドは前作での経験が生かされたと振り返る。

「1作目で、アンディ・ムスキエティ監督らとペニーワイズのコンセプトについてじっくり話し合ったんだ。今回は2度目だから、お互いによくわかっている。例えば、ペニーワイズの顔のバリエーションは10種類くらいあって、それぞれに名前がついているんだ。顎を引いて笑うとか、首をひねるとかね。とても技術のいる役だから、スムーズにコミュニケーションがとれてよかったよ」

前作との違いについても話し合いを重ねたそうで、「1作目でほぼやっつけられそうになって、そんな経験はペニーワイズにとって初めてだったんだ。その仕返しをしたいと思っているけれど、彼の中にはやっつけられてしまいたいという気持ちもある。今度こそ、本当にね。そこが僕にとっては非常に興味深かった。彼は怒っている、復讐したいと思っている。その一方で無意識のうちに……いや、ペニーワイズに無意識というのがあるかどうかはわからないけれども、彼はどこかで破壊されたいとも思っているんだ」と、複雑な感情も理解しながら撮影に臨んだ。

そんなスカルスガルドの怪演について、アンディ・ムスキエティ監督は「僕らが決めたペニーワイズのコンセプトの一つに、“予測がつかない”というのがある。ここからスタートして、ビルは僕を驚かせるようなことを次々にやってくれたんだ」と絶賛する。「撮影を始める前に、僕はそれぞれのシーンをどう編集するつもりなのかビルに話している。そして、ビルにはそれぞれのテイクで違うパフォーマンスをやってもらったんだ。かなり実験的なことをやったんだけれど、予定通りにやったら生まれないものを期待していたからね」と意図を明かした。

IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」は、11月1日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com