京都に新映画館! 4スクリーン備える「アップリンク京都」20年春オープン

2019年10月23日 12:00

4スクリーン、計215席のミニシアター・ コンプレックス
4スクリーン、計215席のミニシアター・ コンプレックス

[映画.com ニュース] 東京でミニシアターを運営してきたアップリンクが、2020年春に京都市中京区で展開されている「新風館再開発計画」に参加し、映画館「アップリンク京都」を開業することがわかった。4スクリーン、計215席を予定している。

アップリンクはこれまで、05年から東京・渋谷で「アップリンク渋谷」、18年12月から吉祥寺パルコで「アップリンク吉祥寺」を運営してきた。3つ目の映画館となる「アップリンク京都」は、地下鉄の烏丸御池駅直結で、アジア初進出となる「エースホテル京都」の出店が決定している「新風館再開発計画」にオープン。それぞれ73席、60席、44席、38席を備える4つのスクリーンで構成された地下1階の空間に、コンセプトの異なる内装と、「アップリンク吉祥寺」で話題を呼んだ独自の音響システムを導入する。

アップリンクは「地域に根差した映画文化をお客様と育んできた経験をもとに、2021年までに文化庁の移転が発表されますます活性化する京都のカルチャーシーンに貢献して参ります」とコメントを寄せている。

(映画.com速報)

関連ニュース