松岡茉優、「蜜蜂と遠雷」公開に満面の笑み「たくさんの奇跡重なって今日がある」

2019年10月4日 18:57

初日挨拶に立った松岡茉優
初日挨拶に立った松岡茉優

[映画.com ニュース] 直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞した、恩田陸氏の小説を映画化した「蜜蜂と遠雷」が10月4日、全国324スクリーンで封切られた。

松岡茉優松坂桃李森崎ウィン鈴鹿央士の主要キャストと石川慶監督が東京・TOHOシネマズ日比谷で舞台挨拶。主演の松岡は、「たくさんの奇跡が重なって今日があります。全く新しい音楽映画ができて誇りに思う。ぜひ体感してください」と自信の笑みを浮かべた。

若き天才ピアニストたちが世界への登竜門となる国際コンクールでしのぎを削る物語で、松岡は「次元の違う天才たちが、それぞれの目標を達成していく輝かしい姿を見てもらう映画」と解説。自身もコンクールに再起を懸ける元天才少女・栄伝亜夜役に挑み、「原作をバイブルのように常に持ち歩き、忠実に表現するシーンでは『亜夜はそんなことしない』と言われないようにした」と強調した。

そんな松岡の姿に、松坂は「30歳になって初めての作品で勝手にものすごく緊張して、うまくできるか不安だったけれど、松岡さんの役とのシンクロ具合がすごくて、一瞬で20代の現場のモードに戻れた」と感謝。だが、今月2日に秋篠宮皇嗣妃紀子さまが観賞された試写会を欠席し「ネットニュースで妃殿下が『若者と少し年配の方』とおっしゃられていて、なるほどなと思った。僕とウィンくんは1つしか違わないのにな。少し年配も頑張りました」と苦笑交じりに話した。

優勝候補の大本命・マサル役の森崎は、「自分の世界を切り開いていくマサルの姿に、僕もいち表現者として背中を押された」と充実感に満ちた表情。新人の鈴鹿は、「上京して半年くらいでクランクイン。デビュー作で、ここに立っているのがいいなあと思っています」と初々しさをのぞかせた。

映像化不可能とまで言われた原作を見事に仕上げた石川監督は、「1年前には影も形もなかったキャラクターが、スクリーンに焼き付いている。キャストには感謝しかない」と感慨深げ。松岡も、「皆さんには亜夜として見てもらったと思います。私たちはこれからもいろいろな役を演じていきますが、演じて終わりではなく、どなたの心の中には亜夜がい続けてくれればうれしい」としみじみ話した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース