「ワイルド・スピード」ロブ・コーエン監督に再び性的暴行疑惑

2019年10月1日 14:00

再び性的暴行疑惑が浮上
再び性的暴行疑惑が浮上

[映画.com ニュース] 「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン監督に新たな性的暴行疑惑が持ち上がっている。

米ハフィントン・ポストは、匿名の女性によるコーエン監督の告発記事を掲載。事件が起きたのは2015年のニューヨークで、新テレビドラマのパイロット版の打ち合わせという名目で、女性はコーエン監督と会食。食事中に変な気分になったものの、「キャリアのチャンスに興奮していた」こともあり、バーへの誘いに乗ったという。その後、意識を取り戻したときには裸にされて、性的行為を受けていたという。この告発に対し、コーエン監督の弁護士は13枚にも及ぶ反論をハフィントン・ポストに提出。完全なでっちあげであると主張している。

今年2月、コーエン監督の実娘であるバルキリー・ウェザーは「幼い頃、ロブが私の体を性的な喜びのために利用していた」と告発。この児童性的虐待疑惑に関しても、コーエン監督は完全否定している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース