「マトリックス4」にキアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス ウォシャウスキー姉がメガホン

2019年8月21日 17:11

ネオ役のキアヌ・リーブスと、トリニティ役のキャリー=アン・モス
ネオ役のキアヌ・リーブスと、トリニティ役のキャリー=アン・モス

[映画.com ニュース]米ワーナー・ブラザースが準備中の「マトリックス4(仮題)」において、ウォシャウスキー姉妹の姉ラナ・ウォシャウスキーがメガホンを取ることが明らかになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。ネオ役のキアヌ・リーブスと、トリニティ役のキャリー=アン・モスも復帰するという。

かつて、ワーナーは独自に「マトリックス」のリブートを企画。マイケル・B・ジョーダン主演で、ザック・ペンが脚本を執筆していた。だが、ラナ・ウォシャウスキーが「マトリックス」シリーズへの復帰に関心を示したことで状況が変わったようだ。

ラナ・ウォシャウスキーは、過去にタッグを組んだことのあるアレクサンダー・ヘモン(Netflix「センス8」)とデビッド・ミッチェル(「クラウドアトラス」原作者)と共同で「マトリックス4(仮題)」の脚本を執筆。さらに、グラント・ヒルと共同でプロデューサーも務める。なお、「マトリックス」3部作でプロデューサーを務めたジョエル・シルバーは関与しない模様。

「マトリックス4(仮題)」を手がけることになった理由について、ラナ・ウォシャウスキーは「私たちを取り巻く現実について、20年前に(妹の)リリーと私が探求したアイデアの多くは、いまさらに重要性を増しています」と説明し、「自分の人生にこれらのキャラクターを呼び戻し、素晴らしい友人たちと一緒にまた仕事できることに感謝しています」とコメント。

前3作と同様、ワーナー・ブラザースはヴィレッジ・ロードショーと共同で製作する。現時点で公開日は発表されていない。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース