被爆者の手記をアニメ化した「大好きだったあなたへ」8月放送 「若おかみ」スタッフ多数参加

2019年8月7日 13:00

主人公の声&番組ナビゲーターは清原果耶
主人公の声&番組ナビゲーターは清原果耶

[映画.com ニュース] 原爆被爆者の手記をもとにした「アニメ 大好きだったあなたへ ―ヒバクシャからの手紙―」が、NHK総合で8月に放送される。

本番組は、原爆被爆者から募集した手記を紹介する同局の番組「ヒバクシャからの手紙」に寄せられた2200通を超える原爆体験記のなかから、3通の手記をアニメ化。「ヤマンへの手紙」(10分)、「あなたがいて、私がいて、」(5分)、「父とのわかれ」(5分)の3つのアニメ作品とドキュメンタリーパートで構成され、女優の清原果耶が番組ナビゲーターと「ヤマンへの手紙」の主演を務める。

「ヤマンへの手紙」は、劇場アニメ「若おかみは小学生!」のスタッフが多数参加しており、監督を加藤道哉、キャラクターデザインを高坂希太郎、美術監督を渡邊洋一が担当。作画監督は後藤孝宏、音楽は羽深由理が務める。「あなたがいて、私がいて、」は小野ハナが監督を担い、「父とのわかれ」は広島市立大学が制作を担当した。

番組ナビゲーターの清原は、「戦時中ではあるけれど、私とかわらない年代の女の子が、青春を楽しみながら生きた姿を描いたアニメです。健康的で輝いている主人公たちが印象的で、私自身が励まされました。その時代を生きた人たちの苦労は計り知れないけれど、アニメにすることで、今の人たちに伝わることがある と思いますし、『声』という形で参加できたことを誇りに思います」とコメントを寄せている。

「アニメ 大好きだったあなたへ ―ヒバクシャからの手紙―」は、中国ブロック先行放送が8月2日午後7時57分~8時42分、全国放送がBS1で8日午後9時、総合テレビで10日午前2時(9日深夜2時)から放送される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース