「なめんな!」野村周平が魂のシャウト! ANARCHY監督「WALKING MAN」本予告

2019年7月31日 07:00

劇中歌3曲を披露!
劇中歌3曲を披露!

[映画.com ニュース]野村周平が主演し、カリスマラッパー・ANARCHY(アナーキー)が映画監督に初挑戦する「WALKING MAN」の本予告が、このほどお披露目された。あわせて、T-Pablow (BAD HOP)、WILYWNKA、Leon Fanourakis、サイプレス上野、十影、じょう、LETYといった人気現役ラッパーたちの出演も判明した。

極貧の母子家庭で育ち、幼いころから吃音症とコミュ障に悩む主人公・アトムを野村が演じる。不用品回収業で生計を立てるアトムが、ラップに突き動かされ、バカにされながらも最底辺から抜け出すべく奮闘していく物語。共演は、アトムの妹で今どきの女子高生・ウランに優希美青、職場の先輩で良き理解者の山本に柏原収史、思いを寄せる美女キムに伊藤ゆみがそれぞれ扮し、冨樫真星田英利渡辺真起子石橋蓮司ら実力派が脇を固める。

本予告では、ラップと出合ったアトムが“報われない現状”や“自己責任論”を押し付ける世間に対して「なめんな!」という魂のセリフをシャウトする様子を活写。ANARCHY監督自ら作詞を手がけた劇中歌「Promise」「なめんな」「WALKING MAN」が、父の死、母の入院、そして貧困をはねのけ、前へと突き進んでいくアトムの生きざまを彩っている。

WALKING MAN」は10月11日全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース