「私、能力は平均値でって言ったよね!」10月にTVアニメ化決定 ビジュアル公開

2019年7月31日 21:00

原作は「小説家になろう」で2016年1月から連載中
原作は「小説家になろう」で2016年1月から連載中

[映画.com ニュース]原作・FUNA氏、イラスト・亜方逸樹氏によるライトノベル「私、能力は平均値でって言ったよね!」がテレビアニメ化され、10月から放送開始となることがわかった。あわせて、主人公の姿が配されたティザービジュアルもが披露されている。

小説投稿サイト「小説家になろう」で2016年1月から連載中の同名原作は、同サイトのPV数が累計2億6000万を超え、シリーズ累計55万部を突破する人気シリーズ。ある事故をきっかけに異世界に転生してしまった女子高生・栗原海里が、転生後の新たな人生は「普通に友だちを作って、普通の生活を送りたい」と願い、“平均値の能力”を求めるも、強大な力を得てしまい戸惑う姿を描く。

原作者のFUNA氏は、「夢見たことはあったけど、まさか、本当にこんな日がやってくるとは……。アニメは、媒体の持つ特性の違いから、小説やコミックとは異なる表現となるのが当たり前です。そしてその違いが、吉と出る場合もあれば、凶と出る場合もあります。しかし、この作品においては、断言しましょう。……絶対の、『大吉』であると!!」と、アニメ化に対し強い自信をのぞかせる。そのうえで、「原作小説やコミック版とは違う、新たなる魅力に満ちた作品世界。原作者、アニメ制作スタッフ、そして声優達の、命の輝きを見よ!!」と猛アピールしている。

原作のイラストを手がける亜方氏も、「アニメ本編ですが……これが本当に皆さんいい仕事しているんですよ。収録も間近で見学させてもらいましたが、監督、すべての制作スタッフ様、声優様、プロの仕事が組み合わさって素晴らしく良いものが出来ています! 自分の語彙がアレで全然伝わらないと思いますので本編を必ず、絶対に見ること強くオススメします。幸せになれますよ!」と太鼓判を押している。

(映画.com速報)