ロサンゼルス、地震の影響で防災グッズ完売続出

2019年7月11日 19:00

防災グッズが売り切れ続出
防災グッズが売り切れ続出

[映画.com ニュース] 米カリフォルニア州南部で7月5、6日(いずれも現地時間)、マグニチュード7前後の地震が発生したことを受け、ロサンゼルスでは防災グッズが飛ぶように売れていると米ハリウッド・レポーターが報じている。

住宅リフォームや建築資材などを販売する米大手小売りチェーン、ホーム・デポのハリウッド支店では、すでに防災セットが完売。家具の転倒を防ぐ耐震グッズや懐中電灯、消化器も品薄だという。他の工具店でも同様の状況で、米軍の放出品などを置くミリタリーショップではまだ在庫があるという。

ロサンゼルスでの大地震は、1994年のノースリッジ地震までさかのぼる。マグニチュード6.7だったものの震源が浅かったため、高速道路が崩壊するなど大被害をもたらしたことで知られている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース