「名探偵ピカチュウ」声の主は西島秀俊「とにかく必死でやった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月3日 > 「名探偵ピカチュウ」声の主は西島秀俊「とにかく必死でやった」
メニュー

「名探偵ピカチュウ」声の主は西島秀俊「とにかく必死でやった」

2019年5月3日 19:31

全国417スクリーンで公開「名探偵ピカチュウ」

全国417スクリーンで公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本が世界に誇るコンテンツ「ポケットモンスター」を米ハリウッドで実写映画化した「名探偵ピカチュウ」が5月3日、全国417スクリーンで封切られた。母国での先行公開となり、日本語吹き替え版キャストの竹内涼真飯豊まりえが東京・TOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶を行った。

さらにこれまで明かされていなかった、オリジナルではライアン・レイノルズが担当したピカチュウの声を吹き替えた西島秀俊もサプライズで登壇。観客の拍手に照れ笑いを浮かべながら、「本当にプレッシャーでした。とにかく必死に、一生懸命やりました。今も緊張しています」と語った。

アフレコは別々に段階を踏んで行われたそうで、「ポケモンの動きがものすごく可愛くて、つい見とれてしまい、『今ですよ』と言われたことが何度かあった」とタイミングを逸したことがあったと告白。ピカチュウとコンビを組む青年ティム役の竹内は、「取っていた時間を目いっぱい使ったほど大変な作業だった。でも、映画を見てバディになっていたので感動した」と笑顔をはじけさせた。

だが、飯豊が「竹内くんは、プロテインを飲みながらアフレコをしていたと聞いて、どれだけストイックなんだと思った」と暴露。さらに、「ピカチュウを誰がやるのか教えてもらえなくて、映画のエンドロールを見るまで気が付かなかった」とうらめしげに話した。

また、竹内はトレーナー役で1シーンだけ出演もしており、今年1月2日にロンドンに向かい撮影。「高級なモンスターボールを持たされ、1個しかないから壊さないで、でも全力で投げてと言われた。(アニメの主人公の)サトシだと思ってやりました」と説明。「一瞬のシーンでも、かける熱量がすごい。ワールドプレミアでキャストの人とも話をして自分の感覚だけでは狭い、いろいろな人とお仕事がしたいと思った」と海外進出にも夢をはせた。

そして、竹内と飯豊が「字幕版でも楽しみ方は変わるし、皆でいろいろと発信してゴールデンウイークを盛り上げて」と声をそろえアピール。西島も、「ストーリーも親子の愛の物語なので非常に感動する。見終わった後にいろいろな話ができて、楽しいと思う」と言葉に力を込めた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報