「名探偵ピカチュウ」声の主は西島秀俊「とにかく必死でやった」

2019年5月3日 19:31

全国417スクリーンで公開
全国417スクリーンで公開

[映画.com ニュース] 日本が世界に誇るコンテンツ「ポケットモンスター」を米ハリウッドで実写映画化した「名探偵ピカチュウ」が5月3日、全国417スクリーンで封切られた。母国での先行公開となり、日本語吹き替え版キャストの竹内涼真飯豊まりえが東京・TOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶を行った。

さらにこれまで明かされていなかった、オリジナルではライアン・レイノルズが担当したピカチュウの声を吹き替えた西島秀俊もサプライズで登壇。観客の拍手に照れ笑いを浮かべながら、「本当にプレッシャーでした。とにかく必死に、一生懸命やりました。今も緊張しています」と語った。

アフレコは別々に段階を踏んで行われたそうで、「ポケモンの動きがものすごく可愛くて、つい見とれてしまい、『今ですよ』と言われたことが何度かあった」とタイミングを逸したことがあったと告白。ピカチュウとコンビを組む青年ティム役の竹内は、「取っていた時間を目いっぱい使ったほど大変な作業だった。でも、映画を見てバディになっていたので感動した」と笑顔をはじけさせた。

だが、飯豊が「竹内くんは、プロテインを飲みながらアフレコをしていたと聞いて、どれだけストイックなんだと思った」と暴露。さらに、「ピカチュウを誰がやるのか教えてもらえなくて、映画のエンドロールを見るまで気が付かなかった」とうらめしげに話した。

また、竹内はトレーナー役で1シーンだけ出演もしており、今年1月2日にロンドンに向かい撮影。「高級なモンスターボールを持たされ、1個しかないから壊さないで、でも全力で投げてと言われた。(アニメの主人公の)サトシだと思ってやりました」と説明。「一瞬のシーンでも、かける熱量がすごい。ワールドプレミアでキャストの人とも話をして自分の感覚だけでは狭い、いろいろな人とお仕事がしたいと思った」と海外進出にも夢をはせた。

そして、竹内と飯豊が「字幕版でも楽しみ方は変わるし、皆でいろいろと発信してゴールデンウイークを盛り上げて」と声をそろえアピール。西島も、「ストーリーも親子の愛の物語なので非常に感動する。見終わった後にいろいろな話ができて、楽しいと思う」と言葉に力を込めた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. おうちで「映画 すみっコぐらし」夏休み上映会 8月8日午後8時から、みんなで同時視聴&応援

    1

    おうちで「映画 すみっコぐらし」夏休み上映会 8月8日午後8時から、みんなで同時視聴&応援

    2020年8月8日 12:30
  2. 笠松将×祷キララが共演するスプラッター青春群像劇「ファンファーレが鳴り響く」10月17日公開

    2

    笠松将×祷キララが共演するスプラッター青春群像劇「ファンファーレが鳴り響く」10月17日公開

    2020年8月8日 10:00
  3. 劇場公開40周年記念!戦争映画の名作「二百三高地」丸の内TOEIで初のデジタル上映

    3

    劇場公開40周年記念!戦争映画の名作「二百三高地」丸の内TOEIで初のデジタル上映

    2020年8月8日 07:00
  4. トム・クルーズ所属の米大手タレントエージェンシーが人員削減 365人を解雇

    4

    トム・クルーズ所属の米大手タレントエージェンシーが人員削減 365人を解雇

    2020年8月8日 08:00
  5. ドラえもん風衣装の渡辺直美、ドラミ風・弘中綾香アナに助言「もうちょっと大きくなろう」

    5

    ドラえもん風衣装の渡辺直美、ドラミ風・弘中綾香アナに助言「もうちょっと大きくなろう」

    2020年8月8日 14:18

今週