西川きよし&桂文珍、岡村隆史のために「決算!忠臣蔵」出演決意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月26日 > 西川きよし&桂文珍、岡村隆史のために「決算!忠臣蔵」出演決意
メニュー

西川きよし&桂文珍、岡村隆史のために「決算!忠臣蔵」出演決意

2019年4月26日 06:00

西川きよしと桂文珍「決算!忠臣蔵」

西川きよしと桂文珍
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫才師の西川きよしと落語家の桂文珍が、堤真一岡村隆史のダブル主演作「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督)に出演していることが明らかになった。

東京大学・山本博文教授の著書「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)を原作に、中村監督のメガホンで映画化。大石内蔵助が実際に残した決算書を基に討入り計画の実像を記しており、これを中村監督が丁寧に紐解き、脚本に落とし込んだ。映画では、内蔵助(堤)と勘定方・矢頭長助(岡村)が、現在の貨幣価値にして上限9500万円以内という限られた予算の中で討入りを計画するさまを、全編関西弁で描く。

今作には堤、岡村のほか、濱田岳横山裕荒川良々妻夫木聡竹内結子石原さとみが出演するほか、4月20日には「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で木村祐一板尾創路村上ショージの参戦が発表されたばかり。そして満を持して、百戦錬磨のふたりの“師匠”がひと肌脱ぐ。

西川は岡村演じる矢頭長助と同じそろばん侍で、赤穂藩次席家老・大野九郎兵衛に扮し、桂は内蔵助らが赤穂藩再興の望みを託す遠林寺の住職・祐海和尚に息吹を注ぐ。ともに所属事務所の後輩である岡村を気遣っており、西川は「同じ板に上がったら、先輩も後輩もないからな」と懐の深さを垣間見させ、桂も「岡村くんのためやからな、何でもするで」と役に合わせて快く剃髪して撮影に臨んだ。

中村監督は、キャスティングで最も難儀したのが大野役だと明かし「あの人でもない、この人でもないと悩む日々の中、ついに師匠の名前が挙がった時の『これで映画ができる!』と思った瞬間は今でも忘れられません」と述懐。剃髪した桂に対しては、「自分は大変なことをお願いしてしまったと青くなっているところへ『だいぶ寒うおまんな』と事も無げに、にこやかな笑顔で現れなさった師匠を見て、不覚にも泣いてしまいました。あんたこの仕事気張って続けてかなあかんで、と言われているようで、身の引き締まる思いでした」とコメントを寄せている。

松竹の池田史嗣プロデューサーも、「日本映画界を代表する実力派のオールスター俳優陣と、お笑い界のレジェンドおふたりのハイレベルな芝居合戦。コメディでありながら、お芝居はそれぞれの技量を尽くした真剣勝負。おふたりのおかげで現場は(特に吉本勢が)緊張感に包まれ、作品がしっかりと締まったような気がします」と手応えをつかんだ様子だ。

決算!忠臣蔵」は、11月22日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報