つば九郎、まさかの俳優デビュー 前代未聞のドラマ主演も“お蔵入り”に戦々恐々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月22日 > つば九郎、まさかの俳優デビュー 前代未聞のドラマ主演も“お蔵入り”に戦々恐々
メニュー

つば九郎、まさかの俳優デビュー 前代未聞のドラマ主演も“お蔵入り”に戦々恐々

2019年4月22日 15:33

俳優デビューを飾るつば九郎

俳優デビューを飾るつば九郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース]プロ野球「東京ヤクルトスワローズ」のマスコットキャラクター・つば九郎が、俳優デビューを飾ることがわかった。東映とTBSグロウディアがタッグを組んだWEBコンテンツ「つばめ刑事」でドラマ初主演。つば九郎は4月22日、東京・神宮球場で実施された記者会見に出席し、ひらがな筆談で質疑に応じた。

同作はヤクルトスワローズ設立50周年、つば九郎デビュー25周年を記念して制作。自由奔放かつ腹黒い行動から、ネット上では「畜生ペンギン」などの愛称で親しまれているつば九郎だが、劇中では度重なる“やりたい放題”が球団に問題視され、マスコットをクビに。神宮球場内に存在するとされる警察署「鳥小屋署」に加わり、刑事として球場の平和を守るため活躍する。

次世代の刑事ドラマスターを探していた東映が、「あぶない刑事」好きのつば九郎に目をつけオファー。筆談マスコットがドラマ主演するという前例のない試みに、「ことしのぶるーりぼんしょうはいただきました」と拳を突き上げる。しかし、「じつは2ねんまえにこのはなしがあったんですが、とうじのスワローズが96はいしたので、かいしゃのえらいひとから『ふざけるな』とちゅうしになって、きょねん、ちーむが2い。もういちどきかくしょをだしました」と切ない経緯を報告した。

ドラマの内容は「あぶないでか、せいぶけいさつ、たいようにほえろを、たして3でわったかんじ」。演技も筆談でこなしているが、「芝居で難しかったことは」と問われると「きょうえんしゃさんをほんきですきにならないようにきをつけた。FRIDAYがこわい」と、なぜか得意げだった。

また「盟友のドアラ(中日ドラゴンズのマスコット)には何か伝えたか」という質問には、「びじねすぱーとなーですから、おいおいおしらせします」とドライな回答。目標とする俳優は、ジャッキー・チェン勝新太郎だそうだ。ヤクルトスワローズで今作を見てもらいたい選手は「ばれんてぃん」と答え、球団広報から「(日本語)わかるかな~」とため息が漏れた。

フォトセッションでは、サングラスをかけ、肩で風を切って登場したつば九郎。無数のフラッシュを浴びたのち、「このどらまがおくらいりにならないよう、しらないじょせいをなぐったり、へんなくすりをつかったり、しせいかつにはきをつけます。そんがいばいしょう、はらえませんので」とギリギリアウトの発言を残し、会見場を去っていった。

「つばめ刑事」は、6月からひかりTVで先行配信。全12話(各話12分)。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報