漫画家・小畑健の画業30周年記念展覧会が開催 描き下ろしキービジュアル公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月12日 > 漫画家・小畑健の画業30周年記念展覧会が開催 描き下ろしキービジュアル公開
メニュー

漫画家・小畑健の画業30周年記念展覧会が開催 描き下ろしキービジュアル公開

2019年4月12日 15:00

7月13日~8月12日開催「バクマン。」

7月13日~8月12日開催
(C)ほったゆみ・小畑健/集英社 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン。」などで知られる漫画家・小畑健氏の画業30周年を記念する展覧会のタイトルが「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」に決まり、小畑氏が描き下ろしたキービジュアルが公開された。

1989年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載デビューを果たして以来、これまでにさまざまな原作者とタッグを組み、作画に専念しながら多数の人気漫画を手がけてきた小畑氏。本展は、1万5000枚を超えるアーカイブの中から厳選した約500点の原画や資料を展示予定で、漫画家、イラストレーター、キャラクターデザイナーなど多彩な活動を続ける小畑氏の30年間の軌跡を振り返る。タイトルの「NEVER COMPLETE」には、「目指したい表現はまだまだ先にある――」という小畑氏の思いが込められている。

会場は、「Manga」「Illustration」「Never Complete」の3つで構成される。第1ゾーン「Manga」は代表作「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン。」の名場面や作画技術が際立つシーンの原稿を展示し、第2ゾーン「Illustration」は、漫画の扉ページ、単行本カバー、他作品とのコラボレーションイラストなどカラー作品を紹介。第3ゾーン「Never Complete」は、最新作「プラチナエンド」の展示などを通して、小畑氏の“今と未来”に迫る。

「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」は、7月13日~8月12日に東京・アーツ千代田3331で開催。前売り券はローソンチケットで4月13日正午~7月12日に発売予定で、開幕初日の7月13日のみ日付指定制(13日は初日限定券のみ入場可能)。通常チケットは、一般・学生が1300円(当日料金:1500円)、中学・高校生が600円(当日料金:800円)、小学生が400円(当日料金:600円)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報