「バード・ボックス」原作者の心理スリラー小説をスコット・フリーが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月1日 > 「バード・ボックス」原作者の心理スリラー小説をスコット・フリーが映画化
メニュー

「バード・ボックス」原作者の心理スリラー小説をスコット・フリーが映画化

2019年4月1日 16:30

リドリー・スコット「バード・ボックス」

リドリー・スコット
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Netflixの大ヒット映画「バード・ボックス」(サンドラ・ブロック主演)の原作者ジョシュ・マラーマンによる心理スリラー小説「Black Mad Wheel(原題)」を、リドリー・スコットの製作会社スコット・フリーが映画化することがわかった。

原作は、かつて人気を誇ったが今は落ちぶれたデトロイトのバンド「ザ・デーンズ」が、ヒット曲のアイデアを模索していたところ、米軍のエージェントが彼らに接触してくる。有害な謎の音の出所を解明するというミッションを受けた「ザ・デーンズ」のメンバーが、焼け付くような砂漠を旅して進むなか、バンドのフロントマン、フィリップ・トンカは複雑かつ不吉な陰謀に巻き込まれていく、というストーリーのようだ。

米Deadlineによれば、映画はバーネット・ブレットラーが脚本を執筆する。スコット・フリーのほかアトラス・インダストリーズ、スピン・ア・ブラック・ヤーンがプロデュースする。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報