望月歩「五億円のじんせい」で映画初主演!将来は「誰よりも楽しそうな俳優でいたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月15日 > 望月歩「五億円のじんせい」で映画初主演!将来は「誰よりも楽しそうな俳優でいたい」
メニュー

望月歩「五億円のじんせい」で映画初主演!将来は「誰よりも楽しそうな俳優でいたい」

2019年2月15日 05:00

映画初主演の望月歩「五億円のじんせい」

映画初主演の望月歩
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手実力派俳優の望月歩が、GYAOとアミューズによるオリジナル映画製作プロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」第1回グランプリ作品「五億円のじんせい」で主演していることが明らかになった。

同プロジェクトは、GYAOとアミューズが今後の次代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み。蛭田直美が脚本を執筆し、ムン・ソンホ監督がメガホンをとった今作は、幼少期に善意の募金5億円で難病から命を救われた少年が主人公だ。健康に成長し高校生になった彼は、5億円にふさわしい人生を送るため、周囲からの期待やマスコミにさらされる窮屈な青春をおくっていたが、ある出来事をきっかけに生きる意味を見失い、SNSで自殺を宣言。そこに、見知らぬ誰かから「死ぬなら、5億円返してから死ね」とメッセージが届く。家を飛び出し、金と人生に向き合う旅には、思わぬ出会いが待っていた。

アミューズの遠藤日登思プロデューサーは、同プロジェクトの成り立ちについて「当初は映画を作るという話ではなく、GYAOさんから『何かやりませんか?』という話が舞い込んできたところから始まりました。それで、だったら映画を作るというのはどう? となり、せっかくだから新人を発掘するようなことを絡められないか、これはオリジナルをやるチャンスになるんじゃないかという方向に発展していきました」と説明する。企画の募集は17年3月に発表し、締切期限ギリギリの段階で約400本の応募があったという。「なんとなく予想していましたが、締切当日に届くものが3分の1くらいあった。それを全員で読み込んでいって、少しでも興味を持ったものには印をつけて10本くらいに絞り込みました。『五億円のじんせい』もギリギリ駆け込みで応募されてきたもの。それも脚本はなく、プロットにもいたらないあらすじみたいなもの。ただ、会ってみたら面白かったんですよ」。

主演に抜てきされた望月は、成島出監督作「ソロモンの偽証」での鮮烈な演技はもとより、現在は菅田将暉主演の日本テレビ系連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演するなど、着実に成長を続けている。遠藤氏は、望月を「高校生なのに本から読み取った役のポイントを的確につかんでいるのが良い。お芝居が好きなんでしょうね。見ていてすごく伝わってくる。アップした時に『明日から現場がないのがすごく寂しい』と言っていたことが印象的」と絶賛している。

望月自身は、「初主演作で最も強く感じたことは「責任」だという。「今までよりももっと自分次第で良くも悪くもなるんだというプレッシャーを感じていました。でもそのおかげでこれまでよりも深く役について考えられ、生きられたと思います」と胸を張る。今年は高校を卒業し、新たなスタートを切る。「本業が学生から俳優にかわる年になります。これまでよりも職業としての自覚を持ち、楽しみながら、しっかりとした地盤を作れるような1年にしたいです」と胸中を明かし、さらに「将来は、誰がいつ見てもワクワクしているような、前向きで誰よりも楽しそうな俳優でいたいなと思っています」と今後の展望を語った。

五億円のじんせい」は、7月に東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報