Netflix、ストリーミング会社として初めてアメリカ映画協会に加入 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月31日 > Netflix、ストリーミング会社として初めてアメリカ映画協会に加入
メニュー

Netflix、ストリーミング会社として初めてアメリカ映画協会に加入

2019年1月31日 11:00

ストリーミング会社として初めてNetflixが加入

ストリーミング会社として初めてNetflixが加入
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画界の業界団体であり、レイティング審査などを行うアメリカ映画協会(MPAA)に、ストリーミング会社として初めてNetflixが加入したことが明らかになった。米Deadlineが報じている。

米ワシントンDCに本部を置くMPAAは、アメリカのエンタテインメント産業の保護と発展を目的とした業界団体で、ウォルト・ディズニー、パラマウント・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズ、20世紀フォックス、ユニバーサル・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザースという、ハリウッドの6つのメジャースタジオが所属している。そしてこのほど、今年の第91回アカデミー賞で「ローマ ROMA」などの作品で計15のノミネートを獲得したNetflixが、MPAAの正式メンバーになることが決まった。過去2年にわたり、NetflixはMPAAが注力する著作権保護に協力するなどして、働きかけを行ってきたという。

年間8億ドルもの資金をコンテンツに投じるNetflixをパートナーに迎えたことで、MPAAは海賊版対策や税優遇措置を政界に訴えるうえで、より説得力を持つことになる。さらに、ディズニーの買収によりフォックスの脱退が見込まれているなか、会費不足を補うことも可能になった。各社の年間負担金は1200万ドルと言われている。

Netflixにとっては、MPAAに加わることで、メジャースタジオと肩を並べるスタジオであることを内外に知らしめることができるうえ、中国市場への足がかりとなる可能性がある。中国は自国のストリーミング会社に対し、外国コンテンツは3割以下という厳しいルールを設けているため、Netflixは参入できていない。MPAAは、外国映画の上映は年間34本と定めている中国に対して、アメリカ映画の上映枠を広げるように交渉を行っている。Netflixが今回メンバーに加わったことで、プライム会員向けのオリジナルコンテンツを制作しているAmazonも、MPAAに参加する可能性が出てきそうだ。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報