USウィークリーが選ぶ2018年の特筆すべきテレビスター13人 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月30日 > USウィークリーが選ぶ2018年の特筆すべきテレビスター13人
メニュー

USウィークリーが選ぶ2018年の特筆すべきテレビスター13人

2018年12月30日 19:00

「サブリナ ダーク・アドベンチャー」の キーナン・シプカ「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」

「サブリナ ダーク・アドベンチャー」の
キーナン・シプカ
Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米USウィークリーが2018年、特に目立った活躍をみせたテレビスター13人を発表した。

米人気シリーズ「MAD MEN マッドメン」に、主人公の生意気な娘サリー・ドレイパー役で出演し、天才子役として脚光を浴びたキーナン・シプカは現在19歳。1996~2003年に全米放送され、日本でも絶大な支持を得た「サブリナ」をよりダークなゴシックホラーとしてリブートしたNetflixオリジナルシリーズ「サブリナ ダーク・アドベンチャー」(18~)で初主演を飾った。人間と魔女のハーフである少女が葛藤しながら成長するさまをキュートに演じ、これまでのイメージを打ち破ったことで選出された。

若手女優のエリザ・スカンレンは、「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンのデビュー小説「KIZU 傷」を米HBOがドラマ化した話題のミニシリーズ「Sharp Objects(原題)」で、秘密を抱えた多重人格者という難役に挑戦。エイミー・アダムスパトリシア・クラークソンら実力派共演陣をも圧倒する演技力を見せつけたとして評価された。

このほか、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の“邪悪なピエロ”ペニーワイズ役でブレイクし、J・J・エイブラムス×スティーブン・キングのタッグが手がけるHuluのオムニバスホラー「キャッスルロック」でも怪演をみせたビル・スカルスガルド、「グレイズ・アナトミー」を卒業後、「キリング・イヴ Killing Eve」でアジア系女優として初めてプライムタイム・エミー賞主演女優賞(ドラマシリーズ部門)にノミネートされたサンドラ・オーがランクインした。

また、Netflixの官能スリラー「YOU 君がすべて」の狂気に満ちたストーカー男を演じて新境地を開拓したペン・バッジリー(「ゴシップガール」)と、ライアン・マーフィ制作総指揮の人気シリーズ第2弾「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」で、殺人鬼アンドリュー・クナナン役を演じ、第70回プライムタイム・エミー賞のリミテッドシリーズ/テレビムービー部門主演男優賞に輝いたダレン・クリスの両者については、これまでのイメージを覆したという点で特筆に値するとされている。

USウィークリーが選ぶ、2018年の特筆すべきテレビスター13人は以下の通り。

キーナン・シプカ「サブリナ ダーク・アドベンチャー」(Netflix)
▽ダニエル・エズラ「All American(原題)」(CW)
▽エリザ・スカンレン「Sharp Objects(原題)」(HBO)
オリバー・ジャクソン=コーエン「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」(Netflix)
マディー・ハッソン「Impulse インパルス」(YouTubeプレミアム)
ビル・スカルスガルド「キャッスルロック」(Hulu)
ペン・バッジリー「YOU 君がすべて」(Netflix)
ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」(FX)
▽コーディー・ファーン「アメリカン・ホラー・ストーリー アポカリプス(原題)」(FX)
サンドラ・オー「キリング・イヴ Killing Eve」(BBC America)
マイロ・ビンティミリア「THIS IS US 36歳、これから」(NBC)
ジョン・グッドマン「ロザンヌ(原題)」(ABC)
▽マヤ・ルドルフ「フォーエバー 人生の意味」(Amazon)

(映画.com速報)
ゴーン・ガール[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーン・ガール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥899 デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報