橋本環奈「1ページの恋」で連続ドラマ初主演! 板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝と紡ぐ“究極の片思い”

2018年12月16日 04:00

タイプの違う3人の男性に翻ろうされる橋本環奈 (C)AbemaTV
タイプの違う3人の男性に翻ろうされる橋本環奈 (C)AbemaTV

[映画.com ニュース] 女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を飾る「1ページの恋」が、2019年2月18日からAbemaTVで配信されることがわかった。板垣瑞生大野いと濱田龍臣古川雄輝という旬の若手キャスト陣が共演し、真っ直ぐなラブストーリーを紡ぐ。

AbemaTVが次世代の才能発掘を目的に開催した「NEXT CREATOR'S COMPETITION2017」で、約600の応募の中から「シナリオライター賞」大賞に輝いた作品を映像化。夢を追いかける主人公・水瀬あかりが、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる“究極の片思い”を描く。

17歳の冬、あかりは家族旅行で訪れた宇木島で、民宿の息子・森田郁巳と運命的な恋に落ちる。4年に1度だけ見ることができるセレネ座流星群の下で再会を誓い合う2人。4年の月日が経ち、あかりは約束の場所に向かうが、郁巳に会うことはできなかった。そこに大人っぽい雰囲気をまとう星野有利が現れ、あかりは突然キスを迫られてしまう。

あかり役を務める橋本は「自分にとって10代最後のドラマとなる本作品で演じる水瀬あかりという役は、絵を描くことが大好きな優しくてすごくピュアな女の子です」と役どころを説明。「10代、20代の女性が見た時に共感できる部分や、心が洗われるような、透き通るような感覚が伝わるといいなと思っています」と意気込みを語った。

そのほか、板垣があかりの初恋の相手・郁巳、濱田が優しい幼なじみ・乾大和、大野があかりの親友・小橋奈津菜を演じる。刺激的な大人の男・星野に扮する古川は、「橋本環奈さんや板垣瑞生くんなど、若い皆さんに負けないように、星野として『大人の色気』を出していけるよう頑張りたいと思います」と撮影への思いを明かし、「デビュー映画で共演した大野いとさんとの再共演も楽しみにしてます。 また、SNS でよく似ていると言われる濱田龍臣くんとの共演にも注目して頂きたいです」と、共演陣への期待をにじませた。

「1ページの恋」は、AbemaTVで19年2月18日午後11時から6週にわたって配信。また、地上波での放送も決定しており、KBC(九州朝日放送)で2月22日の深夜0時20分から放送開始となる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース