三浦春馬、バーテンダー役に初挑戦!東野圭吾「ダイイング・アイ」がWOWOWでドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月10日 > 三浦春馬、バーテンダー役に初挑戦!東野圭吾「ダイイング・アイ」がWOWOWでドラマ化
メニュー

三浦春馬、バーテンダー役に初挑戦!東野圭吾「ダイイング・アイ」がWOWOWでドラマ化

2018年11月10日 07:00

記憶喪失も抱える難役に挑戦「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

記憶喪失も抱える難役に挑戦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・東野圭吾氏による小説「ダイイング・アイ」がWOWOWで連続ドラマ化され、三浦春馬が主演することがわかった。バーテンダー役に初挑戦しており、「監修の水澤さんの元でしっかり基礎から教えていただきました。カクテルを作らなければならないシーンを迎えるまで、友人のバーで許可を得て実際にバーカウンターでカクテルを毎晩のように作らせてもらいました。今では、カクテルを作ることがとても楽しく、個人的に作り続けたいと思うほどにまでなりました(笑)」とコメントを寄せている。

数多くのベストセラーを世に放ってきた東野氏が本作で問題提起するのは、交通事故が生む“無責任の拡大”だ。西麻布で働くバーテンダー・雨村慎介(三浦)はある夜、見知らぬ男に襲われ、記憶の一部を失ってしまう。それは、自身が1年半前に起こした交通事故に関するものだった。周囲から「嫌なことは思い出さない方がいい」としきりに忠告され、事故の真相に疑問を持ち始める。そして、人間離れした美しさを備えた喪服の女性・瑠璃子が店に現れた時から、慎介は深淵な迷宮に迷い込んでいく。

銀魂2 掟は破るためにこそある」「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」など話題作への出演が相次ぐ三浦は、今回は記憶喪失と贖罪の狭間で揺れる難役に挑む。脚本への感想を「息もつかせぬ展開に原作同様、早く次の回が見たいと思えました」と口にし、「この作品は、罪の意識が極限まで増幅した時、魔が心に棲みついた時を妖艶、かつ、スリリングに描いています。保身と、贖罪で揺れ動く登場人物達のサイコミステリー。是非ご期待ください」と視聴者にメッセージを託した。

「ダイイング・アイ」は、2019年3月から毎週土曜午後10時に放送。全6話で、第1話は無料放送。

(映画.com速報)
銀魂2 掟は破るためにこそある[Blu-ray/ブルーレイ] 銀魂2 掟は破るためにこそある[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,163 空知英秋による人気コミックを小栗旬主演&福田雄一監督のタッグで実写映画化し、2017年の邦画実写でナンバーワンの大ヒットを記録した「銀魂」の続編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報