バカリズムがキスマイ北山を“ネコ”にする!?「トラさん」に飯豊まりえ&富山えり子&要潤と出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月17日 > バカリズムがキスマイ北山を“ネコ”にする!?「トラさん」に飯豊まりえ&富山えり子&要潤と出演
メニュー

バカリズムがキスマイ北山を“ネコ”にする!?「トラさん」に飯豊まりえ&富山えり子&要潤と出演

2018年10月17日 11:00

愉快な共演者が発表!「トラさん 僕が猫になったワケ」

愉快な共演者が発表!
(C)板羽皆/集英社
(C)2019「トラさん」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の北山宏光が映画初主演を果たし、ネコ役を務める「トラさん 僕が猫になったワケ」に、バカリズム飯豊まりえ富山えり子要潤が参加していることがわかった。バカリズムは、北山扮する主人公・高畑寿々男をネコとして転生させる、あの世の関所の裁判長役を演じている。

2014~15年に「月刊YOU」(集英社刊)で連載された板羽皆氏による漫画を基に、「Sweet Rain 死神の精度」などの筧昌也監督のメガホンで実写化。酒とギャンブルに溺れる売れない漫画家・高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部未華子)と娘・実優(平澤宏々路ちゃん)をのこし、ある日交通事故で死んでしまう。

“次の命”を決める関所で目を覚ました寿々男。日ごろの態度がたたり、地獄行きに……と思いきや、『家族や自分の本当の心を見つめ直せ』と命じられ、ネコのトラさんとして転生することに。高畑家で飼われた寿々男は、「何気ない毎日がいかに幸せだったか」と痛感し、愛する家族のため何かを残そうと行動を始める。

そのなかで芸人としてだけではなく、ナレーター、脚本家、俳優としても才能を発揮するバカリズムが、寿々男をネコとして家族のもとに送る重要な役を担う。ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」などの飯豊は、トラさんにアドバイスを与えるお嬢様ネコ・ホワイテストに扮し、キュートな“ネコ姿”を披露している。

さらにユニークな存在感を放つ要は、寿々男の同期である超売れっ子漫画家・浦上栄剛役を務め、瓦割りやチェンバロ演奏にも挑戦。「あかべこ」の富山は寿々男の担当編集者を演じ、コミカルな掛け合いを繰り広げる。「トラさん 僕が猫になったワケ」は、2019年2月15日に公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi