知英、寡黙な殺し屋役に「セリフ少なくラッキー」一転「間違いでした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月3日 > 知英、寡黙な殺し屋役に「セリフ少なくラッキー」一転「間違いでした」
メニュー

知英、寡黙な殺し屋役に「セリフ少なくラッキー」一転「間違いでした」

2018年10月3日 20:27

(左から)宮野ケイジ監督、知英、武田梨奈「殺る女」

(左から)宮野ケイジ監督、知英、武田梨奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日米合作映画「殺る女」の完成披露上映会が10月3日、都内で行われ、主演の知英武田梨奈宮野ケイジ監督が舞台挨拶に登壇した。

知英は、両親を殺した男に復しゅうを誓う殺し屋役。「台本を読んだらあまりにセリフが少なくて覚えなくてラッキーと思いましたが、間違いでした。キャラクターの奥底の悲しみなどを目で表現しなくていけないので、監督に助けてもらいながら作っていきました」と苦笑いだ。

一方、孤児院育ちで心に闇(やみ)を抱える看護師役の武田は「撮影期間が短く話し合える時間もなかったので、1カ月くらい前から自分の中の闇を考えていました」と独特の役づくりを披露。具体的には、たばこを吸うシーンのため「普段は絶対に手にしないのに、1日1本吸ってはウエーッて吐きそうになって苦しかった」と明かし笑わせた。

2人は共演シーンがなくこの日が初対面で、お互いの印象について知英は「アクションのイメージがあったけれど、かわいい感じの素敵な女性。魅かれちゃいますよ」と絶賛。だが、武田は笑顔ながら「歌もダンスもお芝居もできて、言葉も話せる(バイリンガル)。悪いところがひとつもない。悔しいです」と対抗心をのぞかせた。それでも“初共演”を約束し、宮野監督に「次回作でお願いします。オリジナルで」とおねだりしていた。

人生のターニングポイントについては聞かれると、女優活動を始めたことを挙げ「今は第二の人生を生きている感じ。日本で活動できていることもうれしいし、これからもいろいろな現場での出会いを大切にしていきたい」とさらなる意欲。武田は、「10年前に『ハイキック・ガール』に主演したこと。映画界の1人として正式に迎え入れられたからこそ、今があると思っています」と話していた。

殺る女」は、10月27日から全国で公開される。

(映画.com速報)
ハイキック・ガール![DVD] ハイキック・ガール![DVD] 最安価格: ¥3,283 空手黒帯で全日本チャンピオンの女子高生・武田梨奈主演で贈る失神体感アクションムービー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi