福士蒼汰、緊張しきりの「旅猫リポート」相棒を満面の笑顔でケア! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月25日 > 福士蒼汰、緊張しきりの「旅猫リポート」相棒を満面の笑顔でケア!
メニュー

福士蒼汰、緊張しきりの「旅猫リポート」相棒を満面の笑顔でケア!

2018年9月25日 18:25

“主演猫”のナナを抱きかかえた福士蒼汰「旅猫リポート」

“主演猫”のナナを抱きかかえた福士蒼汰
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気作家・有川浩氏の小説を、福士蒼汰主演で映画化する「旅猫リポート」の完成記念カーペットセレモニーが9月25日、東京・銀座松竹スクエアで行われ、福士をはじめ、高畑充希竹内結子広瀬アリス大野拓朗山本涼介三木康一郎監督が出席した。

本作は、心優しい青年・悟(福士)が、ある事情から飼えなくなってしまった愛猫ナナ(声:高畑)と一緒に、新しい飼い主を探して日本各地をめぐる様子を描き出す。“主演猫”のナナを抱きかかえ、菜の花畑をイメージしたイエローカーペットに登場した福士。大勢の報道陣やファンの姿に驚いてしまったのか、ナナはなかなか落ち着かない様子。福士はそんな“相棒”を時に優しく撫で、時に優しく話しかけながら、満面の笑顔でケアを欠かさなかった。

有川氏から「猫を中心とした撮影にしてほしい」という要望を受けていた三木監督は、「(撮影は)基本的に猫シフト。ナナがどういう風に動けるかを皆で考えて、ずっと撮影をしていました」と告白。福士も「ナナは本能で動くので、僕も本能でお芝居を返していました」と苦労はあったようだが、かなり思い入れの深い作品になったようだ。「出演している作品を見て泣いたのは、初めてのこと。お芝居をしていても泣いてる、それを見ている自分も泣いているという不思議な体験でした。普通は客観的に見れないんですが、今回は感情移入ができましたね」と作品の完成度に自信をにじませた。

イベント中に生アテレコも行った高畑は「映画自体は少し悲しい部分があるので、ナナだけはさっぱりといいますか、良い感じでドライに演じられたらいいなと。あとはナナちゃんがとても魅力的な顔をしてくれるので、できるだけ声を合わせられたらいいなと思っていました」と述懐。悟を幼少期から見守る親戚の叔母・法子役の竹内は「(ナナは)良い意味で猫らしくて、予測がつかない。本番に臨む姿を皆でゆっくり見守ろうという雰囲気があったので、珍しくギスギスもしないし、ひりつかない現場でした」と充実の面持ちだった。

「小説版も大好き。何度も何度も読み返しているんですが、そのたびに泣いています。台本を読んでも涙して、映画を見ても涙して――(本作は)タオル必須な作品」と語っていた大野は、原作者・有川氏のサポートを明かした。「有川先生は結構頻繁に現場にいらっしゃってくれて。ずっとナナの目線などのケアをしてくれていました」と話すと、三木監督は「最後の方は雨の中でもやってくれていましたね」と補足していた。

旅猫リポート」は、10月26日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi