松田龍平、加藤一二三のあふれんばかりの“将棋愛”にほほ笑み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月27日 > 松田龍平、加藤一二三のあふれんばかりの“将棋愛”にほほ笑み
メニュー

松田龍平、加藤一二三のあふれんばかりの“将棋愛”にほほ笑み

2018年8月27日 21:43

脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化「泣き虫しょったんの奇跡」

脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化する「泣き虫しょったんの奇跡」の公開直前イベント試写会が8月27日、東京・よみうりホールで行われ、主演の松田龍平、共演の永山絢斗渋川清彦駒木根隆介新井浩文早乙女太一豊田利晃監督、瀬川五段、佐藤天彦名人が出席した。

2006年に発表された瀬川五段著の同名小説を原作に、1度は将棋の道を諦めサラリーマンとなったしょったんこと晶司(松田)が、再びプロ棋士を目指すさまを描く。袴姿で登壇した松田は、永山、渋川、駒木根と共演した晶司のアパートでの撮影を述懐。「あのシーンは、しょったんが将棋を忘れられる唯一の時間。僕も普通に楽しんじゃいました。監督が台本にないセリフをたまに足していましたね」と独特の間合いで裏話を明かした。そして、豊田監督からすかさず「今日は一段とテンションが低い(笑)」と指摘されると「私事ですが、今日は1時間しか寝ていない……誰か助け舟出して!」と周囲に懇願していた。

劇中で描かれる瀬川五段のプロ編入試験で、最初の対戦相手となった佐藤名人。本作の出演オファーを受けていたようだが「僕のところまで話がきていなかった。連盟が断っちゃったみたい(笑)」と暴露しつつ「瀬川さんはプロになられても不思議ではないと思っていました」と当時の対局を振り返った。一方、瀬川五段は「1局目に勝てれば合格できるのではないかと思っていたほど、比重の大きい対局でした。僕は結構緊張していたんですが、当時16歳の名人は全く動揺せず、堂々としていられた」と感慨深げに語っていた。

この日は“ひふみん”の愛称で親しまれる将棋棋士・加藤一二三氏もサプライズゲストとして登場した。「夢が叶う」という花言葉を持つ青いバラを松田に贈呈すると、本作について「本当に素晴らしい映画。感動しました。ある意味、私の人生と共通している点が多々ある」と絶賛。かつて挑んだ瀬川五段との対局について「8年前に戦って勝ったんですが、ゴール寸前で見事な頑張りを見せつけられた。第2、3局では完敗」としみじみ話していたものの、続けて「瀬川さんが作戦が上手い。穴熊というものがあってですね……」と将棋愛にあふれた“ひふみん節”が止まらず。舞台挨拶のタイムリミットを気にしていたMCからトークを制止されてしまう姿を、松田らはほほ笑みながら眺めていた。

泣き虫しょったんの奇跡」は、9月7日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi