荒木飛呂彦が語る、「ジョジョ」大型原画展の見どころとは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月21日 > 荒木飛呂彦が語る、「ジョジョ」大型原画展の見どころとは?
メニュー

荒木飛呂彦が語る、「ジョジョ」大型原画展の見どころとは?

2018年8月21日 15:30

国立新美術館での展示の見どころを語った荒木飛呂彦氏

国立新美術館での展示の見どころを語った荒木飛呂彦氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]漫画家・荒木飛呂彦氏の原画展「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」のプレス内覧会が8月21日、東京・六本木の国立新美術館で行われた。荒木氏がトークセッションに登場し、本展の見どころを語った。

誕生から30週年を迎えた「ジョジョの奇妙な冒険」を題材とし、「史上空前の“JOJO”の祭典」と銘打った大型展覧会。ファン垂涎の企画が多数用意されており、各部の名言が黒と白の垂れ幕で強調された「宿命の星 因縁の血」、150体以上のスタンドが原画や美術作品として結集する「スタンド使いはひかれ合う」、第7部までの心震えるバトルシーンを一挙披露する「ハイ・ヴォルテージ」、絵画・彫刻・映画から強い影響を受けるポージングと物語の秘密を詳らかにする「ジョジョリロン」、荒木氏本人が「人間讃歌の信念」などを解説する音声ガイダンスなどが展開される。

各エリアには約200の展示物と約280枚の原画や、彫刻家の小谷元彦氏、ファッションデザイナーの森永邦彦氏とコラボした作品も。芸術やファッションとも融合し、少年漫画の粋を超える「ジョジョ」の、唯一無二たる由縁を体感することができる。「キャラについて思い入れがある方は、懐かしさを感じるのもいいと思います」(荒木氏)。

本展終盤の「裏切り者は常にいる」エリアでは、目玉である完全新作の描き下ろし巨大原画12枚(それぞれ2メートル×1.2メートル)が、来場者を出迎える。荒木氏は、承太郎をはじめ広瀬康穂やウェザー・リポートら登場人物を等身大で描くことで、“ファンタジーと日常の融合”を目指したという。「私たちとキャラを同じ空間に存在させたかった。(遠近法の)消失点を、大体自分の目の位置の高さにしています。足の着地点もそこで決定してきますので、そこが普通の漫画を描くのと違っています。大きい絵画は、生まれて初めて描きましたね」と述べ、「(第3部に登場したボストンテリア犬)イギーを真ん中にして、両サイドに行くという構図です。並べ方も『囲まれるように』と、コの字型に展示しています」と説明した。

さらにキャラ選定基準を問われると、「読者からの人気はあえて考えないで、シルエットで。帽子をかぶっているとか、ファッションがかぶらないように構成しています」と答え、「ディオと承太郎は象徴的な人物なので、最初に2人を入れて、あとを考えていきました。描いていてよかったのは、(第2部ラスボス)カーズの“半分ヌード”です」とニンマリ。一方で「失敗した部分もありまして……」と切り出し、「ディオのところの背景色が、ちょっと濃かったかな。近づいて描いてると、大きすぎてわからなかったんですよ。本当は直したいんですが、原画はライブなので、(これはこれで)いいです」とあっけらかんと話していた。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」は、8月24日~10月1日に国立新美術館で開催。大阪では11月25日~2019年1月14日に大阪文化館・天保山で開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi