「寄宿学校のジュリエット」に日高里菜、小倉唯が出演 OP&ED主題歌アーティストも発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月18日 > 「寄宿学校のジュリエット」に日高里菜、小倉唯が出演 OP&ED主題歌アーティストも発表
メニュー

「寄宿学校のジュリエット」に日高里菜、小倉唯が出演 OP&ED主題歌アーティストも発表

2018年8月18日 22:30

アニメ「寄宿学校のジュリエット」10月放送開始

アニメ「寄宿学校のジュリエット」10月放送開始
(C)金田陽介・講談社/寄宿学校の
ジュリエット製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビアニメ「寄宿学校のジュリエット」の追加キャストが発表された。東和国寮「黒犬の寮(ブラックドギーハウス)」の監督生(プリフェクト)である双子の姉妹、王胡蝶(わんこちょう)役を日高里菜、王手李亞(わんてりあ)役を小倉唯が演じる。新たにキャストが発表された2人を含む、5人のヒロインを描いたキービジュアルと、PV第1弾(https://youtu.be/4jeMQoaoJ9A)も公開されている。

同作は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の金田陽介氏による学園ラブコメディ漫画が原作。東和国とウェスト公国という敵対するふたつの国家の生徒が通う、孤島の寄宿学校ダリア学園を舞台に、東和国寮とウェスト公国寮それぞれの1年生リーダーである犬塚露壬雄(いぬづかろみお)とジュリエット・ペルシアが、秘密裏に育む恋愛模様を描く。

胡蝶役の日高は「原作を読んだ時から胡蝶と手李亞の双子コンビが大好きだったので、胡蝶の声を担当できることを大変うれしく思います。胡蝶の魅力をたくさんの方に伝えられるよう、アフレコも楽しみつつ頑張ります」、小倉は「学園内でまき起こる禁断の関係から、ドキドキ・ハラハラ・キュンキュンな展開を皆様に楽しんでいただけるよう、作品の世界観を大切に、精進させていただければと思います。手李亞は、一見内向的に見えますが実は人一倍心意気を持っている女の子なので気持ちの幅を繊細に演じられるよう頑張ります」と意気込みを語っている。

このほか、オープニング主題歌がfripSideの「Love with You」、エンディング主題歌が飯田里穂の「いつか世界が変わるまで」に決定。fripSideの八木沼悟志は「『寄宿学校のジュリエットにfripSide?!』と驚く方々もいらっしゃるかもしれません。しかし! ご安心ください。八木沼史上かつてない胸キュン抜群の恋愛ソングをご用意いたしました!!」、南條愛乃は「可愛らしさもありつつ、芯の強さを感じられる楽曲になったと思います。楽しみにしていて下さい!」と、楽曲の魅力と自信をコメント。飯田は「爽やかさの中に、しっかりと芯のある歌と歌詞が込められています。作品に色を添えることが出来たらうれしいです」と語っている。

「寄宿学校のジュリエット」は10月から、MBS、TBS、BS-TBS「アニメイズム」枠で放送、Amazon Prime Videoでも独占配信を行う。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi