「七つの大罪」声優7人が初結集 梶裕貴“過酷すぎる写真撮影”に悲鳴「こんなのあります!?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月18日 > 「七つの大罪」声優7人が初結集 梶裕貴“過酷すぎる写真撮影”に悲鳴「こんなのあります!?」
メニュー

「七つの大罪」声優7人が初結集 梶裕貴“過酷すぎる写真撮影”に悲鳴「こんなのあります!?」

2018年8月18日 17:15

「七つの大罪」声優初結集も…トラブル発生!?「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」

「七つの大罪」声優初結集も…トラブル発生!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鈴木央氏による人気コミックが原作のアニメ「七つの大罪」を映画化した「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」が8月18日、全国274館で公開された。キャストの梶裕貴雨宮天久野美咲悠木碧鈴木達央福山潤高木裕平坂本真綾杉田智和森川智之らが東京・丸の内TOEIでの舞台挨拶に立った。

2014年に第1期、18年1~6月に第2期が放送されたテレビアニメ「七つの大罪」は、7人の罪人によって結成された最強の騎士団「七つの大罪」の戦いを描く冒険活劇。シリーズ初の劇場版となる今作は、原作者・鈴木氏の描き下ろしネームをもとにした完全オリジナルストーリーが展開される。

伝説の騎士団「七つの大罪」メンバー役のキャスト7人(梶、悠木、鈴木、福山、高木、坂本、杉田)がそろってイベントに出演するのは、この日が初めて。主演の梶は、「感慨深いですね。メリオダスも大罪のメンバーを集めることを目的に旅がはじまっているわけですから。我々も、ついにそろって舞台上で皆様のお目にかかれて、うれしく思います」と笑顔を弾けさせた。

トークコーナーでは、声優陣が本シリーズの魅力をフリップに書いて発表することに。鈴木は「『食と酒』。ここにつきますね。こんなによく食べてよく飲む作品ってなかなかないので(笑)」と話し、雨宮は「強烈な『信頼関係』を感じています」と回答。シリーズ初参加の森川は、「平成最後の夏」というフリップを発表し「今回初めて出演したと言う意味では『(平成に)間に合ったな』と(笑)。記念すべき劇場版に出ることができて光栄に思う」と出演の喜びを述べた。


画像2

[拡大画像]

さらに梶は「愛」と書かれたフリップを手に、「メリオダスを演じるうえで、『これはエリザベスとの愛の物語です。それを心に置いて演じてください』という演出を受けた。他のキャラクターにも、男女、男同士、女同士の友情がある」と熱弁をふるう。熱いアピールが続くなか、福山の答えは「梶!」。「やっぱりメリオダスが必要でしょ! メリオダスという絶大なものがいて、それが梶とリンクしているから魅力的!」と“梶いじり”をしまくり、笑いを誘っていた。

フォトセッションは、この日の司会も務めたゲスト声優の「よゐこ」、主題歌「空扉(そらとびら)」を担当した「乃木坂46」の山下美月与田祐希が加わり14人で行うことになったが、参加人数が多すぎるあまりトラブルが発生。後列の7人の顔が映らないため、前列の7人は中腰で臨むことに。空気椅子をしているような姿勢を長時間続けた梶は「こんなフォトセッションあります!?(笑)」と途中で悲鳴をあげ、さらに坂本に密着された杉田が喜びのあまり合掌する始末。突然のトラブルを笑いに変え、終始仲の良さをうかがわせた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi