佐藤玲、予告編大賞からの長編映画完成に感無量「ここまでこぎつけることができた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月9日 > 佐藤玲、予告編大賞からの長編映画完成に感無量「ここまでこぎつけることができた」
メニュー

佐藤玲、予告編大賞からの長編映画完成に感無量「ここまでこぎつけることができた」

2018年8月9日 17:00

舞台挨拶に立った佐藤玲「高崎グラフィティ。」

舞台挨拶に立った佐藤玲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリから生まれた映画「高崎グラフィティ。」の完成披露試写会が8月9日、都内で行われ、佐藤玲萩原利久岡野真也中島広稀三河悠冴川島直人監督が舞台挨拶に登壇した。

同賞は、堤幸彦大根仁両監督らが所属するオフィスクレッシェンドが、次代の映像作家・クリエイターの発掘・育成を目指し創設。3分以内の予告編が対象で、グランプリ作品には3000万円程度の予算で長編映画を制作する権利が与えられる。

高崎グラフィティ。」は、佐藤が日大芸術学部の同窓生だった川島監督にツイッターのダイレクトメールを送ったことがきっかけで企画がスタート。「卒業式を間近に控え何かをやらなければいけないと思った。1年半かけて企画を進め、皆で作りここまでこぎつけることができたのがうれしい」と感慨深げに話した。

高校の卒業式を終えた男女が、それぞれの生き方を模索する青春群像劇。萩原は、オーディションを受けた役とは別の役で採用されたが、「監督と話し合い、自分の高校時代を考えたら(変わった役と)同じ気持ちを持っている部分もあった。そこを掘っていこうと思ってやりました」と振り返った。

高校時代に戻れるとしてやりたいことは、という質問に佐藤は「女子高だったので、男子と登下校。自転車の2人乗りをして、駅まで送ってもらうとか」と告白。萩原は「部活。使っても使ってもあり余るエネルギーをどうしていいか、今も分からない」と熱血ぶりを発揮した。

長編デビューとなる川島監督は、完成披露の晴れ舞台に満面の笑み。「キャスト、スタッフ一同、100%高崎ロケで市民の方にも助けられた。皆の熱い気持ちを全部スクリーンにぶつけたつもり。完成した作品を僕が見ても、大人でも子どもでもない18歳の気持ちを思い出した。見ていただいた方にもそういう気持ちを思い出してほしい」と自信のアピールをしていた。

高崎グラフィティ。」は8月18日に高崎で先行、8月25日から全国で順次公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi