サザン・原由子が歌う「北鎌倉の思い出」、黒木華×野村周平「ビブリア古書堂」主題歌に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月27日 > サザン・原由子が歌う「北鎌倉の思い出」、黒木華×野村周平「ビブリア古書堂」主題歌に
メニュー

サザン・原由子が歌う「北鎌倉の思い出」、黒木華×野村周平「ビブリア古書堂」主題歌に

2018年7月27日 04:00

最新アルバム収録の「北鎌倉の思い出」を起用「ビブリア古書堂の事件手帖」

最新アルバム収録の「北鎌倉の思い出」を起用
(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒木華野村周平がダブル主演を務め、三上延氏の人気ミステリー小説を実写映画化する「ビブリア古書堂の事件手帖」の主題歌が、デビュー40周年を迎えた国民的人気グループ「サザンオールスターズ」の新曲で、原由子が歌う「北鎌倉の思い出」に決定した。

累計発行部数が640万部を超える「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズは、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」の女店主・篠川栞子と店を手伝う青年・五浦大輔が、古書をめぐる謎や秘密を解き明かしていく。極度の人見知りだが、本への深い知識と優れた洞察力で、古書にまつわる謎を解き明かす栞子を黒木華、ひょんなことからビブリア古書堂で働くことになり、栞子に密かな思いを抱きながら謎解きを手助けする不器用な青年・五浦大輔を野村周平が演じ、三島有紀子監督がメガホンをとった。

桑田佳祐が作詞・作曲、原由子がボーカルを務めた「北鎌倉の思い出」は、8月1日にリリースされるプレミアムアルバム「海のOh, Yeah!!」に収録される楽曲。原の温かく優しい歌声が曲の世界観をたおやかに包み、北鎌倉を舞台に時空を超えて行き来する愛する人への思いを、豊かな自然の描写とともに表現している。なお「サザンオールスターズ」名義で原がボーカルを担当した曲が、映画主題歌に起用されるのは初めてのことだ。


画像2

[拡大画像]

楽曲制作前の桑田と原に「みんなで作り上げた映像とお手紙をお渡ししました」と明かした三島監督。「その返事としていただいた楽曲には『100年経った今も君を守ってくれる姿なき人の思いよ』という詩が刻まれていました。人の“思い”というものは、その人が死んで消えた後にも、長い時を経て誰かに届き、人生に影響を与えていくものだろうと思うのです。映画の最後に流れるこの歌は、人間の記憶の中の深い“思い”を、微細にそして力強く引っ張り出してくれます。映画にとっても、自分にとっても、かけがえのない楽曲です」と思いの丈を述べている。

桑田と原が「映画を見て(楽曲を)作ってくださったと聞いて感動しました」と胸中を吐露した黒木は「栞子さんと大輔の姿や、純文学の薫りのする歌詞を、原由子さんの鎌倉に吹いてくる風のような声で聞けて、本当に素敵です。早く皆さんにも聞いていただきたいです」とアピール。野村は、同曲が本作に「ぴったりな曲」と説明し「聴いているだけで心が休まる、そんな曲はなかなかないと思いますので、映画を見ていただき、最後にこの曲を聴いてまたビブリアの事を思い出してほしいです」とコメントを寄せている。

ビブリア古書堂の事件手帖」には、夏帆東出昌大も出演する。11月1日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報