【コミコン2018】「ワンダーウーマン1984」撮影快調!クランクインから1カ月足らずで映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月22日 > 【コミコン2018】「ワンダーウーマン1984」撮影快調!クランクインから1カ月足らずで映像公開
メニュー

【コミコン2018】「ワンダーウーマン1984」撮影快調!クランクインから1カ月足らずで映像公開

2018年7月22日 18:00

撮影1カ月足らずで映像公開「ワンダーウーマン2(仮題)」

撮影1カ月足らずで映像公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米サンディエゴで開催中のポップカルチャーイベント「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ」で7月21日(現地時間)、米ワーナー・ブラザースのプレゼンテーションが実施され、2017年の大ヒット作「ワンダーウーマン」の続編「ワンダーウーマン1984(原題)」の主演ガル・ギャドット、共演のクリス・パインパティ・ジェンキンス監督ができたばかりの映像を引っさげ登壇した。

本作はタイトルの示す通り、1984年が舞台となっており、お披露目された映像では、ワンダーウーマンがショッピングセンターで銃を所持する男性2人組を制圧する姿が鮮やかに描かれた。3週間前に撮影が始まったばかりだというが、1シークエンスだけでサンディエゴ・コンベンションセンターのホールHに集まった約6500人のファンたちを熱狂させ、撮影の順調ぶりをうかがわせた。

再びタイトルロールを演じるギャドットは、「これは続編ではなく、単独の物語。目標は高いけど、みんなに喜んでもらえる映画にしたいという私たちの意欲のほうがもっと高いの」と目を輝かせる。前作で命を落としたはずのスティーブ・トレバー役のパインも出席したが、ジェンキンス監督が「この映画でとても重要な役」と語るにとどまり、どのように復活を遂げるかは謎に包まれたままだ。

ジェンキンス監督は、1984年を舞台に選んだ理由を「私自身が80年代育ちだから、その感覚がしみついているの。人間の最高の面と最悪の面を描けることに、とても興奮している」と説明。ワンダーウーマンの魅力について、「スーパーヒーローというより、私たちと同じ。性別や体型などに関わらず、誰もが自分の中にワンダーウーマンを見つけることができる。彼女は私たち全員なの」と熱弁した。

ワンダーウーマン」は2019年11月1日に全米公開。日本では19年の全国公開を予定している。

(映画.com速報)
ワンダーウーマン[Blu-ray/ブルーレイ] ワンダーウーマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 DCコミックスが生んだ女性ヒーローで、ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描くアクション大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi