ハリウッドサイン行きのロープウェイを米ワーナーが構想 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月12日 > ハリウッドサイン行きのロープウェイを米ワーナーが構想
メニュー

ハリウッドサイン行きのロープウェイを米ワーナーが構想

2018年7月12日 21:00

距離にして約1.6キロ

距離にして約1.6キロ
Photo by Waring Abbott/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、米バーバンクにある同スタジオと、映画の都ロサンゼルスのシンボルとして有名な「ハリウッドサイン」を繋ぐロープウェイの建設を計画していることがわかった。

米バラエティによれば、ロープウェイは距離にして約1マイル(約1.6キロ)、移動時間は片道約6分で、ハリウッドサイン付近に新たに設けるビジターセンターを含めた建設費は、推定1億ドルとみられている。

7月10日(現地時間)に声明を発表したワーナーは、ハリウッドサインについて「ロサンゼルスが誇る歴史的観光名所として世界中の人々に親しまれる反面、交通渋滞や安全性への懸念といったネガティブな影響を、近隣地域にもたらしていることも事実」としたうえで、同社が自費でロープウェイを建設すれば、納税者に負担をかけることなく、交通渋滞の軽減と安全性の向上、周辺地域の環境保護といった包括的な解決策を実現できると主張。ロープウェイ建設の意義をアピールした。

計画はまだ初期段階であるため、スケジュールなどの詳細は明らかになっていないが、同社はすでに、ロサンゼルス市議会での承認に必要な「環境影響報告書(EIR)」の作成に向けて、同市各庁と近隣住民、環境保護団体を対象にした意見聴取を進めているとのことだ。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi