ロシア皇帝とバレリーナの禁断の恋とセックスを描いた話題作が日本上陸! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月9日 > ロシア皇帝とバレリーナの禁断の恋とセックスを描いた話題作が日本上陸!
メニュー

ロシア皇帝とバレリーナの禁断の恋とセックスを描いた話題作が日本上陸!

2018年7月9日 10:00

「マチルダ 禁断の恋」ティーザービジュアル「マチルダ 禁断の恋」

「マチルダ 禁断の恋」ティーザービジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロシアで物議をかもした歴史恋愛映画「マチルダ 禁断の恋」(アレクセイ・ウチーチェリ監督)が12月8日から公開されることが決定し、ミハリナ・オルシャンスカ演じる美しきバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤのティーザービジュアルがお披露目された。

ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と、マリインスキー・バレエ団のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤの許されざる恋を描いた一大抒情詩。1800年代末のサンクトペテルブルク。皇位継承者であるニコライ2世(ラース・アイディンガー)は、世界的に有名なバレリーナのマチルダ(オルシャンスカ)をひと目見た瞬間に恋に落ちる。燃え上がる2人の恋は、ロシア国内で賛否両論を巻き起こすが、ニコライ2世の皇帝即位や政略結婚により、滅びゆく帝国とともに引き裂かれていく。

本作は実話に基づく物語だが、ロシア国内では神格化されているニコライ2世の名誉を傷つけるとして、いくつかの映画館がキリスト教の過激派組織から放火の脅迫を受けるなどの事態に発展。出演者たちが安全上の理由からプレミア上映会を欠席するなど波紋が広がった。

さらに、美人すぎる元検事総長として日本でも知られるナタリア・ポクロンスカヤ議員が映画に対して否定的な姿勢をとり、これを受けてプーチン大統領は「ウチーチェリ監督を尊敬している」と中立の意見を表明。上映を見送る映画館も現れる中、2017年当時ロシア最大の公開規模で封切られた話題作だ。

マチルダ 禁断の恋」は、12月8日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報