「クリミナル・マインド」俳優シェマー・ムーア来日!腹筋チラ見せサービスにファン歓喜 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月6日 > 「クリミナル・マインド」俳優シェマー・ムーア来日!腹筋チラ見せサービスにファン歓喜
メニュー

「クリミナル・マインド」俳優シェマー・ムーア来日!腹筋チラ見せサービスにファン歓喜

2018年6月6日 22:21

見事な胸筋、腹筋を披露

見事な胸筋、腹筋を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ポリス・アクション・テレビシリーズ「S.W.A.T.」のジャパンプレミアが6月6日、東京・EX THEATER ROPPONGIで開催され、来日した主演のシェマー・ムーアがトークイベントに出席。女優の武田梨奈、プロボクサーでWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太とともに会場を盛り上げた。

ドラマは、1975年に全米で放送され、日本でも人気を博したポリス・アクション・テレビシリーズ「特別狙撃隊S.W.A.T.」のリブート版。米ロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊「S.W.A.T.」のリーダーであるホンドーが、チームを率いて凶悪事件に挑んでいく姿を描く。「クリミナル・マインド」のデレク・モーガン役で知られるムーアが、ホンドー役を演じている。

8年ぶり2回目の来日となったムーアは、抽選で選ばれた約700人の観客に「雨のなか並んでくださってありがとうございます!」と満面の笑みで挨拶。「日本に来られて本当に嬉しいです。日本のことはよく聞いていました。人々が優しくて、あたたかくて、街がきれいで文化も素晴らしい。実は僕の父は黒人で母は白人なのですが、2人の妹の母親はノブコさんという日本人女性なんです」と、日本との縁を明かした。

さらに、今作のために「体重を12~15ポンドくらい増やしました。ホンドーはデレクにステロイドを与えたような役なんだ(笑)」と話し、シャツのボタンをはずして自慢の腹筋を披露。予想外のファンサービスに、会場は黄色い悲鳴に包まれた。撮影にあたり、本物のSWAT部隊から3カ月間トレーニングを受けたといい、「撮影中もSWATの方々にアクションを教えてもらいました。現実世界で生死を懸けている人たちの話を語るわけですから、敬意を表してリアルに演じているんです」とこだわりを語った。

ムーアのファンだという村田は、チャンピオンベルトを持って登場。村田が「お会いしたかったです。(ムーアは)48歳ですよね? この年まで戦い続ける男の姿を見たかった」と話すと、ムーアは「世界王者になるということは、大変な努力をしてきたということ。チャンピオンベルトを持つ方が僕に会いたいと言ってくれるなんて素晴らしい。僕は自分がスターだと思うことはありません。世界でナンバー1を取る村田さんのような方が本物のスターだと思います」と称えた。

また、一足先にドラマを見た武田は、「本当に興奮していて、またひとり憧れのアクションスターができました」と笑顔で花束をプレゼント。その可愛らしさに、ムーアは「大好きだよ!」とハグをしてメロメロの様子を見せたが、アクション女優としても定評がある武田がハイキックを実演すると、「君の電話番号を聞こうと思っていたけれどやめておくよ(笑)」と冗談を飛ばして会場の笑いを誘っていた。

「S.W.A.T.」は、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で6月22日午後10時から独占日本初放送。

(映画.com速報)
クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪 シーズン1 コンパクトBOX[DVD] クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪 シーズン1 コンパクトBOX[DVD] 最安価格: ¥2,571 FBIに実在するエリート・プロファイラーの先鋭チーム“行動分析課”、通称BAUの活躍を描く骨太クライム・アクション!
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 コンパクトBOX[DVD] クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 コンパクトBOX[DVD] 最安価格: ¥3,731 FBIに実在するエリート・プロファイラーの先鋭チーム“行動分析課”、通称BAUの活躍を描く骨太クライム・アクション!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi