ライアン・マーフィーが#MeTooを題材にしたアンソロジードラマを準備 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月24日 > ライアン・マーフィーが#MeTooを題材にしたアンソロジードラマを準備
メニュー

ライアン・マーフィーが#MeTooを題材にしたアンソロジードラマを準備

2018年5月24日 11:00

ライアン・マーフィー

ライアン・マーフィー
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「Glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」など数々のドラマを手がけるヒットメーカーのライアン・マーフィーが、#MeTooを題材にした新ドラマを企画していることを、ニューヨーカー誌のロングインタビューで明らかにした。

今年2月にNetflixと3億ドル規模の大型契約を結んだマーフィーは、新ドラマのひとつとして#MeTooに関するアンソロジードラマを企画しているという。#MeTooとは、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインによるセクハラや性的暴行を女優たちが告発したことをきっかけに、過去にセクハラ被害を受けた女性たちが次々と「#MeToo(私も)」というハッシュタグを用いて発信をした一連の運動を指す。

新ドラマのタイトルは「同意」という意味の「コンセント(原題)」で、人気ドラマ「ブラックミラー」のようにエピソードごとに異なる物語を描くアンソロジーシリーズとなる。ワインスタインやケビン・スペイシーらによる、セクハラの実例が描かれていくという。

なお、ハリウッドで#MeToo運動が拡散したことに、マーフィー自身はとても喜んでいるという。自身も被害者であることを明かし「これは、新しい人たちを招き入れるチャンスだ。古い考え方の白人の問題あるやつらを追い出して、新しい人に入れ替えよう」と呼びかけている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi