写真家・鋤田正義、初ドキュメント映画公開を機に「これからは風景写真やスナップを」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月19日 > 写真家・鋤田正義、初ドキュメント映画公開を機に「これからは風景写真やスナップを」
メニュー

写真家・鋤田正義、初ドキュメント映画公開を機に「これからは風景写真やスナップを」

2018年5月19日 14:33

時代の寵児たちをカメラに収めてきた写真家に迫るドキュメンタリー「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」

時代の寵児たちをカメラに収めてきた写真家に迫るドキュメンタリー
[拡大画像]

[映画.com ニュース]時代の寵児たちをカメラに収めてきた写真家・鋤田正義氏の初ドキュメンタリー映画「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」が5月19日、全国6スクリーンで公開初日を迎え、鋤田氏と出演したプロデューサー・ディレクターの立川直樹氏が東京・新宿武蔵野館での舞台挨拶に出席した。

デビッド・ボウイとの40年以上におよぶコラボレーションをはじめ、イギー・ポップマーク・ボランジム・ジャームッシュ寺山修司、YMO、忌野清志郎らを撮影してきた鋤田氏の、人柄や創作活動を追った今作。鋤田氏は「1回だけ見た」そうで、「半分覚えてない(笑)。恥ずかしいんですよ。いつもは撮る側なので、撮られるというのはどうも落ち着かない。もうちょっと時間が経たないと、わからないんじゃないかな」と違和感を口にしていた。

さらに「ポートレートを撮る時、『50・50の同じ目線で』と密かに信念に思っていました。上から目線でも、下から目線でも嫌なんです」と前置きした鋤田氏。「こういう映画になっちゃったら、ポートレート撮れないな、と思った」といい、その真意を「巨匠とか言われるでしょ。(被写体に鋤田氏の撮影を強く意識されると)自分のやりとりやセッションが違ってくるから」と説明する。今後は「ここにきて、きっかけの時期かな。これからは風景写真やスナップを」と話したが、「ポートレートも依頼は来ると思いますけど、どういうふうになっていくかな。拒否する気はないですけどね」とも語っていた。

また、5月5日に80歳の誕生日を迎えた鋤田氏。観客から「おめでとうございます!」と祝福され、好物であるどら焼き(特大サイズの直径約30センチ、重量約2キロ)をプレゼントされると、「福岡の地元に成金饅頭というのがあるんですよ。これくらい大きいやつ。成金饅頭に負けてないです」とニンマリ笑顔を浮かべた。最後に、満場の客席に向け「朝早くから来ていただいて、本当に感謝します。どうもありがとうございました!」と頭を下げ、舞台挨拶を締めくくっていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi