アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」8月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月12日 > アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」8月公開
メニュー

アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」8月公開

2018年5月12日 06:00

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」ビジュアル「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」ビジュアル
(C)Les Films Sauvages – 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース]仏アヌシー国際アニメーション映画祭審査員賞と最優秀作品賞をダブル受賞した長編アニメーション「La Jeune fille sans mains(原題)」が「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」の邦題で8月公開する。

新鋭セバスチャン・ローデンバック監督が、「グリム童話」に初版から収録されている民話「手なしむすめ」を、現代的な視点で新たによみがえらせた物語。悪魔の企みで両腕を奪われたヒロインが、数奇な運命に翻弄されながらも、旅の中で豊かな自然に助けられ、自分だけの幸せを見出していく様を描く。

故・高畑勲監督の実験精神を敬愛しているというローデンバック監督は、動きの美しさを際立たせるために開発した作画技法「クリプトキノグラフィー」を用い、長編でありながら全ての作画をたったひとりで手がけた。まるで線そのものが命を持ち、呼吸するかのような美しい映像が繰り広げられる。

「水墨画のように省略が行き届いたアートスタイルにたじろぐな。童話という言葉に心の窓を曇らせるな。 ここにあるのは映画だ。重厚で凄まじい一本の映画だ」(片渕須直監督)、「言葉を失った。その完璧さと美しさに、ため息」(トム・ムーア監督)、「おとぎ話に血を通わせ、現代を生きる我々に訴えかける、切断と接続の物語。駒の間での線の欠落と補填、削ぎ落とした要素で成立させた画面は、見ることへの興味を沸き立たせる。アニメーション描画における省略の可能性の追求という点でとても共感している(山村浩二監督)と現代を代表するアニメーション監督たちから絶賛されている。

貧しい生活に疲れた父は悪魔に騙され、黄金の代わりに最愛の娘を差し出す契約を交わしてしまう。辛くも生き延びたものの、父に両腕を切り落とされた娘は、家を出て放浪する。不思議な精霊の力にも守られた娘は、幸運にも助けられ、やがて、一国の王子から求愛を受けることになる。しかし、悪魔は、用意周到にふたりの仲を引き裂く。娘は生後間もない子どもを連れ、王宮を後にする。

大人のためのグリム童話 手をなくした少女」は8月、ユーロスペース他全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi