ミャンマー出身の森崎ウィン、ベトナム語を一発習得「やっぱりセンスある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月24日 > ミャンマー出身の森崎ウィン、ベトナム語を一発習得「やっぱりセンスある」
メニュー

ミャンマー出身の森崎ウィン、ベトナム語を一発習得「やっぱりセンスある」

2018年4月24日 16:00

森崎ウィンはベトナム語を一発習得「クジラの島の忘れもの」

森崎ウィンはベトナム語を一発習得
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本・ベトナム国交樹立45周年映画「クジラの島の忘れもの」の完成披露試写会が4月24日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、主演の大野いと森崎ウィン(PrizmaX)が出席した。

沖縄を舞台に、人生をあきらめていた女性・木元愛美(大野)と、夢を追いかけるベトナム人青年・グエン(森崎)が出会い、恋が芽生えていく姿を描いたラブストーリー。大野は「森崎さんのお芝居にすごく助けられて、役にスッと入ることができました。ありがとうございました」と頭を下げ、森崎も「現場では、いとちゃんにすごく助けてもらいました。本当にストイック。良いものはすべて吸収したいと思っているので、素敵な女優さんと出会って、感謝とともにすごく勉強になりました」と笑顔を見せた。

スティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」(公開中)に出演し、ハリウッドデビューも果たした森崎。ミャンマー出身だが、今作ではベトナム人役に扮しており「日本語のしゃべり方では、日本語がそんなに上手ではないしゃべり方が一番難しかった。(発音が下手過ぎても)伝わらないし、流暢すぎても良くない、という瀬戸際をすごく研究しました」と振り返った。

また、撮影で初めてベトナムを訪れたという2人。森崎は「ベトナムは勝手に親近感がわいていました」といい、「街並みは懐かしさを感じていました。ミャンマーとちょっと違うのは、バイクが異常に多い。カラフルなマスクを付けているのが印象的でした」としみじみ。大野は「バイクは本当に多かったですよね。信号無視して堂々と渡るのが主流みたいで、たくましさを感じた」と同調し、「カエルも食べました。チキンみたいでおいしかったです」とケロリと話していた。

ベトナム語を話すシーンもあり、森崎は「現場で撮影の直前まで、発音を教えていただきました。僕は耳が良く、一発で『うまいね』と言われて。やっぱり、センスあるんだなと思いました」と、冗談めかして観客を沸かせる。一方の大野が「本当に難しい言語。私は何度も『違う』と指摘されました。森崎さんは耳が良いんですね」と目を丸くし、これに森崎は「普段(音楽ユニットで)歌っているので。歌もうまいので」とドヤ顔を見せた。しかしMCから「ベトナム語でなにか挨拶を」と振られると、「覚えるのも早いんですが、忘れるのも早いんです」と煙に巻き、再び観客を笑わせていた。

クジラの島の忘れもの」は、5月12日から東京・渋谷シネパレスほかで公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi