新鋭ダミアン・マニベル、カンヌで絶賛の「パーク」は日本の小説から着想を得たと明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月14日 > 新鋭ダミアン・マニベル、カンヌで絶賛の「パーク」は日本の小説から着想を得たと明かす
メニュー

新鋭ダミアン・マニベル、カンヌで絶賛の「パーク」は日本の小説から着想を得たと明かす

2018年4月14日 18:00

日本語で質問に答えたダミアン・マニベル監督「泳ぎすぎた夜」

日本語で質問に答えたダミアン・マニベル監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンスティチュ・フランセ東京で開催中の「第21回カイエ・デュ・シネマ週間」で、ダミアン・マニベル監督の「パーク」が4月13日、上映され、ティーチインでマニベルが作品を語った。

アンスティチュ・フランセ日本とフランスの伝説的映画雑誌であるカイエ・デュ・シネマ誌が選んだ作品を紹介する企画。2016年のカンヌ映画祭で高く評価された「パーク」は、とある公園で、ヒロインの女子高校生が意中の男性と初デートをし、別れのときまでの1日を映す作品。

吉田修一氏の小説「パーク・ライフ」を読み「公園で完結している話がすごいと思った。自分も子供のころ公園でよく過ごしていたので、まずは、公園を舞台にした短編を作りたいと思った」と着想に至った経緯を明かす。そして、最終的に長編映画として製作を決定し、日中の散歩中に恋に落ちた二人の若者の物語と、別れの後にヒロインが体験する、それまでとは異なる夜の公園の物語という、2つの世界を描いた。

理想の公園を撮るため、ロケハンを重ね、5箇所を組み合わせて物語の舞台となる1つの公園に仕立てた。「脚本の詳細は撮影のぎりぎりまで決めませんでした。撮影場所を決めてから物語を作った」「たった1日の話でも、10~15年の恋愛のサイクルを描いたようにも見える」と、場所と時間の流れを最重視した意図を語る。また、「コメディではなく、普通の人生の中にあるユーモアを探している」と演技経験がない人々を起用し、そのぎこちなさを登場人物たちの持ち味にしているとも話した。

「第21回カイエ・デュ・シネマ週間」は15日まで。マニベルと五十嵐耕平が共同で監督し、青森で撮影された「泳ぎすぎた夜」が劇場公開中だ。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi