中世日本の激闘描く「アンゴルモア 元寇合戦記」7月放送決定 メインキャストに小野友樹&Lynn : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月8日 > 中世日本の激闘描く「アンゴルモア 元寇合戦記」7月放送決定 メインキャストに小野友樹&Lynn
メニュー

中世日本の激闘描く「アンゴルモア 元寇合戦記」7月放送決定 メインキャストに小野友樹&Lynn

2018年4月8日 09:00

“元寇”を描くアニメ

“元寇”を描くアニメ
(C)2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/
アンゴルモア元寇合戦記製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年の「Anime Expo 2017」で制作発表されていたテレビアニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」が、7月から放送を開始することがわかった。公式サイトと公式Twitterアカウントがオープンしている。

原作は、Webコミックサービス「ComicWalker」(KADOKAWA)で連載中のたかぎ七彦氏による歴史アクション漫画で、中世日本を襲った“元寇”を、新たな視点から描く物語。罪人として、最果ての地である対馬に送られた鎌倉武士の朽井迅三郎(くちいじんざぶろう)が、迫りくる蒙古軍に立ち向かっていく姿を描く。「燐寸少女」アニメPVを手がけた栗山貴行が監督を務め、アニメーション制作は「ハマトラ」のNAZが担当する。

メインキャストも発表されており、主人公の迅三郎役には「GRANBLUE FANTASY The Animation」の小野友樹が抜てきされた。対馬の地頭・宗助国(そうすけくに)の娘でありながら、自ら弓を取って戦場におもむく輝日(てるひ)役は「メルヘン・メドヘン」のLynnが演じる。鎧武者姿の迅三郎と、弓を構えた輝日の姿を描いたアニメ版イラストも公開されている。

テレビアニメ化について原作者のたかぎ氏は「アニメ化のお話はかなり意外でした。まず思ったのは大変そうだなと。ちゃんと細部まで動くんだろうか? 群衆も馬も出てくるし大鎧もややこしい」と当初は不安があったことを明かしながらも、「しかし、できあがったPVは期待以上のすばらしいものでした。人や鎧どころか、走る馬にも表情の変化があり、キャラも活き活きとしています。監督をはじめとする皆さんの実力を見せつけられました」と映像を見て納得した様子。「脚本や演出もよく、もはやおもしろい作品になる事間違いなしです。ひとりでも多くの方々にご覧いただきたいと思います」と太鼓判を押している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi