福原遥、初主演映画「女々演」を猛アピール 劇場には「毎日来てください!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月24日 > 福原遥、初主演映画「女々演」を猛アピール 劇場には「毎日来てください!」
メニュー

福原遥、初主演映画「女々演」を猛アピール 劇場には「毎日来てください!」

2018年3月24日 20:00

若手女優・福原遥が初主演「女々演」

若手女優・福原遥が初主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気若手女優・福原遥が初主演を飾った映画「女々演」が3月24日、全国2スクリーンで封切られ、福原をはじめ、共演の玉城ティナ矢倉楓子(NMB48)、小野花梨齊藤美咲福山康平秋山竜次(ロバート)、メガホンをとった高野舞監督が、東京のシネ・リーブル池袋での初日舞台挨拶に出席した。

本作は、文化祭3日前に突然、絶対的なヒロインが辞めてしまった演劇部が舞台。残された4人の「微妙」な女子たちの本音、嘘といった、秘めていた思いが一気にぶつかり合うさまが描かれている。顔も声も「可愛すぎた」ため、高野監督の要望に応えて、低音ボイスで沙彩役に臨んだ福原。「(初主演映画だったため)不安があって、ドキドキしていたんです。やっと公開されたので、たくさんの方に見ていただけるような作品になったらいいなって思います」と胸中を吐露していた。

劇中でオールバックのヘアスタイルを披露した矢倉は「普段は前髪をおろして、巻いているんですけど、今回は澤穂希さんのような髪型だったんです。撮影中に鏡で自分の顔を見たら『誰や!?』と2度見してしまうほど。男の子っぽくて、自分とは正反対な役どころだったので、演じるのが難しかったです」と告白した。「普段は女の子らしいということ?」と問われると、客席にいたファンに視線をやり「なんか『違う、違う』ってやっている人がいるんですけど(笑)」と指摘。続けざまに「いつもは女の子らしいです。私は王道アイドルですよね?」と笑顔でプレッシャーをかけて、場内の笑いを誘っていた。

演劇部顧問・黒田を演じた秋山が最も苦労したのは「小便するシーン」。「どうやっておしっこをしている背中を見せようかと悩みました。本気でしてしまっては困りますからね。『あいつ、本当にしてるんじゃないか?』と見せられるように、いつも下半身に力を入れて過ごしていました。でも、どうしても背中に出ちゃうんだよね。やっぱり『あいつ、してないだろう、小便』と。こっちはしてるかのように見せたかったんだけど、ちょっと厳しかったね」とまるで大御所のような口ぶりでまくし立てる姿に、福原らは大笑いしていた。

締めの挨拶を任された福原は「SNSが流行っている現代の女の子たちの姿を忠実に再現している作品です。生々しくて、胸がギューッと締めつけられるほど『女の子ってこんなに怖いんだ』って感じる一方で、登場人物それぞれが素敵な心を持っています。1回だけじゃ物足りないと思うので、毎日劇場に来てください!」とニッコリ。さらに満員御礼だったため、シネ・リーブル池袋での上映期間の延長が決定。期間は2週間、4月6日までの公開となったため、福原は「2週間!? じゃあ、2週間毎日来れますね(笑)!」と猛アピールしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi