リーアム・ニーソン13年ぶり来日!日本のファンに感謝「皆さん礼儀正しく心が広い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月18日 > リーアム・ニーソン13年ぶり来日!日本のファンに感謝「皆さん礼儀正しく心が広い」
メニュー

リーアム・ニーソン13年ぶり来日!日本のファンに感謝「皆さん礼儀正しく心が広い」

2018年3月18日 22:45

リーアム・ニーソンと観月ありさ「トレイン・ミッション」

リーアム・ニーソンと観月ありさ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日中の俳優リーアム・ニーソンが3月18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「トレイン・ミッション」のジャパンプレミアに出席した。「バットマン ビギンズ」のプロモーション以来、13年ぶりの来日となるニーソン。割れんばかりの拍手と歓声で迎えられると、客席に一礼し「再び東京に戻ってこられたことを、大変光栄に思っております。皆さん素晴らしい方。我々が映画を作っているのは皆さんのためです。この作品を携えて来日できたこと、今まで皆さんが応援してきてくださったことに、心の底から感謝を申し上げます」と熱く呼びかけた。

16日に来日したというニーソン。日本でのプロモーション活動を通し「映画はひとりで作るものではないと改めて感じている」と述べ、「感謝の気持ちでいっぱいです」とニッコリ。そのうえで、「日本という国は、皆さん礼儀正しく、とても心が広い方ばかり。日本の礼儀正しさやエチケットを、他の国も学ぶべきだなと思いました」と語った。

さらに、司会から「現在65歳でありながら、ファイトシーンも演じられている。これからもアクション映画に出ていただけますか?」とリクエストされると「ひざが大丈夫なうちは」とジョークを飛ばしつつ“現役宣言”。客席から喜びの拍手があがるなか、続けて「日本のファンにとってリーアム・ニーソンさんは“無敵の男”ですが、怖いものはありますか」と聞かれると、ニーソンは「なかなかの質問をぶつけてくれたね」と笑みをこぼす。「高いところ。いじめっこも嫌いですね、でも怖くはないかな」「今のアメリカの政権に対して、恐怖心を抱いていると言ってもいいかもしれません」と明かした。

イベント中盤には、花束贈呈ゲストとして女優の観月ありさが登場した。ニーソンの大ファンだという観月に対し、ニーソンは「恋に落ちてしまいました」とラブコール。観月は「私もです!」と大喜びしていたが、ニーソンが「実は今朝、『伝説の少女』(観月のデビュー曲)を拝聴させていただきました」と告白すると、「14歳の時に歌った曲です!」と体をのけぞらせて驚いていた。

トレイン・ミッション」は、走行中の電車の中を舞台に展開されるサスペンスアクション。3月30日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)
バットマン ビギンズ[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン ビギンズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 クリストファー・ノーラン監督が放つ『ダークナイト』三部作シリーズより第1作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi