呪われた芸者が人を斬り殺す!鳴瀬聖人監督作「温泉しかばね芸者」がゆうばりで初上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月16日 > 呪われた芸者が人を斬り殺す!鳴瀬聖人監督作「温泉しかばね芸者」がゆうばりで初上映
メニュー

呪われた芸者が人を斬り殺す!鳴瀬聖人監督作「温泉しかばね芸者」がゆうばりで初上映

2018年3月16日 20:00

舞台挨拶に立った鳴瀬聖人監督

舞台挨拶に立った鳴瀬聖人監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バカ映画集団「鉄ドン」に所属する鳴瀬聖人監督作「温泉しかばね芸者」が3月16日、北海道・夕張市で開催されている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」のオフシアター・コンペティション部門でワールドプレミア上映された。鳴瀬監督をはじめ出演の辻凪子、ナカムラルビイ、長野こうへい、錦織聡、主題歌などを手がけたひと:みちゃんが合宿の宿ひまわりでの舞台挨拶に出席した。

冴えない脚本家・村井実紗(辻)ら一行は、“呪われた芸者伝説”がある山奥の小さな村へ向かう。ロケハンするうちにアイデアが溢れ出てきた実紗は、驚異的なスピードで呪われた芸者のシナリオを書き上げていくが、同行していた製作会社の社長が殺害される事件が発生する。犯人はなんと、くだんの呪われた芸者。自分が書いたシナリオ通りに芸者が具現化し、思い通りに動くことを知った実紗は、日ごろの恨みを晴らすべくペンを走らせる。

大阪芸術大学出身で、本映画祭では3年連続上映を果たしている鳴瀬監督。今作への思いを「ジャンル映画についての映画。ジャンル映画って、ものすごく人が殺されるじゃないですか。『それって、どうなんだ?』と。こういうふうにすぐ死ぬのはどうなんだ、人の勝手な思いだけでというのを、この映画で描きたかった」と明かしたが、一方で「そういうのがわからないくらい、バカ映画になっちゃいましたけど(笑)」とぶっちゃけていた。

クランクイン間際にはひと悶着あった模様。辻は「一昨年の夏くらいにインだったはずが、前日に『撮れなくなった』と言われ、2月になり、クランクアップが5月に。散々でした」と振り返るも、「でも1回も『嫌だ』と思う瞬間がなかった」と充実の撮影風景をうかがわせる。呪われた芸者に扮したナカムラは「撮影からまるっと1年経って、皆さんにお見せすることが出来て感無量です」としみじみ語り、長野は「2月の撮影でしたが、僕はほとんどパンツ一丁で奈良の山を走る役。震えながら撮影していたのを覚えています」と苦笑した。

さらに、直後に上映される「ED あるいは (君がもたらす予期せぬ勃起)」は、大阪芸大出身の西口洸監督がメガホンをとっている。鳴瀬監督は「僕の1個上の先輩」と説明したうえで、「合わせて見てもらうと、『大阪芸大って変な奴らだな』」と話していた。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018は、3月19日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi