立川志の輔、映画初主演!動物写真家・岩合光昭「ねことじいちゃん」で初監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月13日 > 立川志の輔、映画初主演!動物写真家・岩合光昭「ねことじいちゃん」で初監督
メニュー

立川志の輔、映画初主演!動物写真家・岩合光昭「ねことじいちゃん」で初監督

2018年3月13日 05:00

老人とネコの交流を温かく描く「ねことじいちゃん」

老人とネコの交流を温かく描く
(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 老人と猫の交流を描いたねこまき(ミューズワーク)による人気コミック「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)が実写映画化されることになり、落語家の立川志の輔が映画初主演を飾ることがわかった。世界的に有名な動物写真家・岩合光昭がメガホンをとり、映画監督に初挑戦する。

物語は、ある小さな島で暮らす大吉じいちゃんと猫のタマによるつつましくも豊かな時間を紡ぐ。妻に先立たれ、飼い猫と生活を送ることになった大吉役の志の輔は、岩合監督からの「大吉さんは志の輔さんしか考えられない!」という熱烈オファーを受け出演が実現。「『えっ、落語家の私にですか!?』。青天の霹靂とはこのことで、何かの間違いだとしか思えないほどのムチャぶりのオファーでした」と当初は面食らったようだが、「けれども、そのときすでに私は、世界に名だたる動物カメラマンである岩合さんの大ファンでもありましたし、ましてや初監督作品とのこと、この不思議なご縁は、私も大好きな猫たちがこしらえてくれたものだと信じ、初挑戦させていただくこととなりました。岩合監督からはもちろん、猫のタマさんからもダメ出しされないよう、精一杯つとめたいと思っております」と意気込んだ。

そして日本人の作品としては初めてナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾り、NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」では世界各国の風景と猫たちを活写してきた岩合が、今作では映画監督として猫と対峙する。「監督のお話をいただく前に原作のコミック『ねことじいちゃん』を偶然にも読んでいました。ほのぼのとして、なにか懐かしい感じがして、良い印象を持っていました。そこにこれを映画化しませんか? という話がきて、とても光栄に思い、お役に立てるかどうかわかりませんけど、精一杯つとめさせてもらいますと、初監督に挑戦することを決めました」と振り返り、「人のストーリーとともに、猫のストーリーも作り上げていきたいなと思っています。今までに見たことがない猫の映画をみなさまにお届けできるように、日々張り切って撮影しております。ご期待ください」とコメントを寄せた。

タマに扮するのは、ふてぶてしい丸顔と短い手足が愛くるしいベーコン。そのほか三毛猫の小梅、茶トラのぽんずなど、さまざまな“猫キャスト”が登場する。撮影は2月下旬に愛知県知多半島に浮かぶ島々でクランクインしており、4月上旬に終了予定。2019年に全国公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi