岩井俊二監督が一目置く「千里眼(CICADA)」ついに日本で公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月8日 > 岩井俊二監督が一目置く「千里眼(CICADA)」ついに日本で公開
メニュー

岩井俊二監督が一目置く「千里眼(CICADA)」ついに日本で公開

2018年2月8日 05:10

ついに日本で公開「千里眼(CICADA)」

ついに日本で公開
(C)BIOLA FILMS/SWITCH
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカで映画を学ぶ大学生スタッフが日本に来日し、日本人キャストとオール日本ロケで制作した映画「千里眼(CICADA)」が、2月17日より池袋HUMAXシネマズにて公開される。

アメリカのバイオラ大学のシネマ&メディア・アーツ学部は、カリキュラムの一環で、2009年、11年と同学部の学生たちが来日し、2本の短編映画を制作。09年制作の短編「自転車」は第66回ベネチア国際映画祭をはじめ世界中の映画祭で評価された。14年に制作された「千里眼(CICADA)」はこのプロジェクトが挑んだ初の長編で、ロサンゼルスアジア太平洋映画祭、グアム国際映画祭でグランプリを受賞したほか、国内外14の映画祭で入選・受賞を果たし、満を持して日本公開されることとなった。

物語は、いじめられっ子の誕生日にまつわる、すれ違いの群像悲喜劇を描くヒューマンドラマ。脚本・プロデュースは渋谷悠、監督はディーン・ヤマダと「自転車」の2人が再びタッグを組み、大川祥吾がプロデュースに加わった。音楽はダナ・ニウ。出演は佐生有語安井順平和田ひろこ、瀧本瞳、八木菜々花、富岡晃一郎、木村栄油井昌由樹

佐生が出演した「リップヴァンウィンクルの花嫁」の岩井俊二監督が、「傑作短編映画『自転車』の世界観にやられ、『千里眼』のロサンゼルスプレミアに矢も盾もたまらず駆けつけたのは何年前だったろう。いずれの映画にも主演してる佐生有語が素晴らしくて自身の映画にも出演して頂きました。ようやく日本でも公開されるんですね。おめでとう!」と公開応援メッセージを寄せている。

(映画.com速報)
リップヴァンウィンクルの花嫁[Blu-ray/ブルーレイ] リップヴァンウィンクルの花嫁[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,908 岩井俊二監督が、長編実写の日本映画としては「花とアリス」以来12年ぶりに手がけた監督作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi