小瀧望&高杉真宙“相思相愛”も黒島結菜が鋭い指摘「温度差ありません?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月24日 > 小瀧望&高杉真宙“相思相愛”も黒島結菜が鋭い指摘「温度差ありません?」
メニュー

小瀧望&高杉真宙“相思相愛”も黒島結菜が鋭い指摘「温度差ありません?」

2018年1月24日 23:05

実は全員人見知り「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」

実は全員人見知り
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒島結菜と小瀧望(ジャニーズWEST)のダブル主演でいくえみ綾氏の人気漫画を実写映画化した「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」の完成披露試写会が1月24日、東京・新宿バルト9で開催され、2人をはじめ、共演の高杉真宙川栄李奈篠原哲雄監督が出席した。

映画は、両親の離婚を経て北海道・札幌に引っ越してきた女子高生・糸真(黒島)が、“オレ様系”の舘林弦(小瀧)と“ゆるフワ系”の桜井和央(高杉)という真逆のモテ男子と急接近していく姿を描く。いくえみ氏の作品といえば男性キャラクターの人気が高く、小瀧は「弦は、“いくえみ男子”の人気1位をとっているので、プレッシャーを感じました」と明かすも、「でも何かあったら黒島さんに任せようと思っていたので」とニッコリ。これを受け、黒島も「私も不安があったけれど、小瀧くんが引っ張ってくれた。ありがとうございました」と信頼を寄せていた。

劇中では恋愛模様のみならず、弦と和央の男の友情も描かれる。高杉の印象を問われた小瀧は、「本当にかわいいんですよ。いろいろやってあげたくなる!」とハイテンションでラブコールを送るも、高杉は苦笑い。すかさず黒島が「温度差ありません? 大丈夫ですか!?(笑)」と鋭いツッコミを入れると、高杉は慌てて「僕も小瀧くんに守られている感じがあった」と、照れくさそうに応じていた。

一方、黒島と川栄は「結菜」「りっちゃん」と呼び合う仲。糸真の友だち・国重晴歌役の川栄は、黒島との共演を「(糸真と晴歌の)友情がこみ上げてくる感じを、ナチュラルに表現できたのでよかったです」と振り返る。黒島も「私は人見知りだし『大丈夫かな、現場』という不安があったのですが、りっちゃんがいてくれたから心強かった」とほほ笑み、女性陣も相思相愛だった。

仲睦まじい様子の4人だが、「実は全員人見知りなんですよね?」と聞かれると、そろって深く頷く。現場を引っ張っていたという小瀧は、「最初は、みんなで昼ごはんを食べる時も、食べてるか携帯いじってるかどっちかだったんです。でもちょっとずつ机を減らして、自然と距離が近くなるようにしたり。カードゲームをして遊んだり。さりげないことから徐々に仲良くなっていった」と告白。高杉が「全てリーダーが!」と小瀧に感謝を述べると、「いつからリーダーになったん俺!?」と前のめりでツッコミを入れ、盛り上げていた。

また客席に恋愛応援メッセージを送るコーナーでは、登壇陣が工夫を凝らしたコメントを発表するなか、川栄だけが「大丈夫」というド直球のパネルを掲げ、場内の爆笑をさらっていた。「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」は、3月3日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi