元KARA・知英“エロ社長”役で大暴れ「楽しんで撮影できました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月24日 > 元KARA・知英“エロ社長”役で大暴れ「楽しんで撮影できました」
メニュー

元KARA・知英“エロ社長”役で大暴れ「楽しんで撮影できました」

2018年1月24日 19:45

エロ社長を熱演した知英(右)「レオン」

エロ社長を熱演した知英(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国の人気アイドルグループ「KARA」の元メンバー・知英が劇場公開映画初主演を飾った「レオン」の完成披露試写会が1月14日、東京・品川のT・ジョイPRINCE品川で行われ、知英をはじめ共演の竹中直人山崎育三郎大政絢吉沢亮斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ塚本連平監督が舞台挨拶に出席した。

彼氏にフラれ会社もクビになった派遣OL(知英)と、年商500億円のセクハラ社長(竹中)が“入れ替わって”しまうエンタテインメント作。「体は美人OLだが心はエロ社長」という難役に挑み、コメディエンヌとして大暴れした知英は「入れ替わりものは今回2回目。エロ社長ということが難しいところでしたが、みなさんに助けられて、楽しんで撮影できました」とほほ笑んだ。

そんな知英に、竹中は「最高でした。本読みのときから、知英のパワーや日本語の上手さに感動しました。最高です」と繰り返し褒め称える。一方で“ムカつく悪役”に扮した山崎は「手先から足まできれいな動きをしながら、相手をムカつかせることが難しかった。最初は(うざい演技に)現場がシーンとなっていましたが、後半は知英さんが笑って、撮影が止まってしまうこともありました。自分としては新しいチャレンジ。見終わったら、皆さん『ムカつく!』と思って帰るでしょう」とアピールし、ヒロインに恋する天然社員役の吉沢は「女装した竹中さんに対し、僕が愛の言葉をつぶやくというシュールなシーンがあります。竹中さんが乙女な顔をしていて、それにキュンキュンしました」と相好を崩した。

さらにキャスト陣には、物語にちなみ「キャストの誰と入れ替わってみたい?」との質問が。知英は「山崎さん。誕生日が1月18日で、一緒なんですよ。兄妹のよう」と明かし、「男の声でしゃべってみたい」と答えた。続けて吉沢も山崎を指名し、「この美声と、歌って踊れて……。(山崎が演じた)日下役をやりたいです。現場の時から『すごく楽しそう』と思っていました」と羨望の眼差しを向けていた。

レオン」は、2月24日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi