オダギリジョー、臼田あさ美との“レジ裏の情事”は「えげつないリアリティ」

2017年11月11日 14:00

冨永監督の描くえげつないリアリティに 舞台挨拶は大盛り上がり
冨永監督の描くえげつないリアリティに 舞台挨拶は大盛り上がり

[映画.com ニュース] 漫画家・魚喃キリコ氏の代表作を実写映画化した「南瓜とマヨネーズ」が11月11日、全国18館で封切られた。主演の臼田あさ美、共演の太賀、オダギリジョー、メガホンをとった冨永昌敬監督が東京・新宿武蔵野館での舞台挨拶に立った。

映画は、密かにキャバクラで働く女性ツチダ(臼田)が、夢を追い続けるミュージシャン志望の恋人・せいいち(太賀)と、自由奔放で女好きな元カレ・ハギオ(オダギリ)の間で心が揺れ動く様子を描く。

「印象に残った撮影」を問われたオダギリは、ツチダとハギオのラブシーンをあげ「脚本上は(2人が愛し合う場所は)ライブハウスの屋上だったんですよ。でも雨だったので、外で撮れず、結局レジの裏になった。小汚い。そういう場所でそういうことになるというのが、冨永さんらしいなと思った。えげつないリアリティ(笑)。『本当にありそう』という部分を、うまくくすぐられた。むしろ雨が降ったことに感謝ですよね」と告白。「あの時オダギリさん、笑ってましたよね」(冨永監督)、「店のなかは広いのに『ここですか!?』って(笑)」(オダギリ)と振り返った。

さらに、この日は太賀が劇中歌「ヒゲちゃん」をギター弾き語りで生披露することに。朝7時半に会場に入って練習したという太賀は、至近距離の客席&横で見守る共演者2人という状況に「そわそわしてます」とド緊張。チューニングに苦戦するアクシデントが発生し、スタッフの手を借りようやく弾きはじめるも、すぐに「もう一回いいですか?……すみません」と仕切り直し。だが歌い出すと、優しい歌声を響かせ場内を魅了した。

生ライブ直後、臼田は「親のような気持ちで見守ってしまいました。太賀くんの歌はピュアで真っすぐ」とニッコリ。オダギリも、「すごいですよね、このなかで歌うって。やらせるほうもやらせる方だし(笑)。それをやりきる太賀くんがすごいなと思いましたね。普通はギターあんなにうまくないし、役者なんでね。あんなきれいな歌声もだせない。役者にしておくのがもったいないと思いました」と絶賛した。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
南瓜とマヨネーズ
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース