イオンと吉本興業が映画業務で提携 「えんとつ町のプペル」アニメ化も検討 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月29日 > イオンと吉本興業が映画業務で提携 「えんとつ町のプペル」アニメ化も検討
メニュー

イオンと吉本興業が映画業務で提携 「えんとつ町のプペル」アニメ化も検討

2017年9月29日 22:00

キンコン西野の「えんとつ町の プペル」アニメ化も検討

キンコン西野の「えんとつ町の
プペル」アニメ化も検討
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シネコンのイオンシネマを運営するイオンエンターテイメントと吉本興業は9月27日、映画に関する業務において提携することで合意したと発表した。新しい映画コンテンツを共同で製作、宣伝、配給、興行していくとしており、その候補として、吉本所属のお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣による大ヒット絵本「えんとつ町のプペル」のアニメ化などを検討しているという。

また、映画関連の商品開発や派生するイベント、展示会などの開催などにより、より多くの観客に多面的に映画コンテンツに触れることができる機会を創出していくほか、これまでにない新たな形の興行にも挑戦していく。

イオンと吉本興業は2013年9月、エンタテイメント事業に関する基本協定を締結しており、これまでにも、よしもと幕張イオンモール劇場のオープンなど共同事業を展開してきた。今回の提携は、そうした取り組みをさらに深化させるものであるとし、新たなステップとして映画事業を中心にさまざまな新しい展開を実現させていくとしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi