米大手タレントエージェンシーCAAが中国に進出

2017年5月14日 12:30

CAA所属のドニー・イェン
CAA所属のドニー・イェン

[映画.com ニュース] アメリカ最大手タレントエージェンシーのクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)が、中国市場に本格的に進出することが明らかになったと、米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

CAAは中国の投資ファンドCMCキャプタル・パートナーズと共同で、CAA Chinaを設立すると発表。急成長を続ける中国のエンターテイメント市場に深く食い込むことになる。CAAは2005年に中国オフィスを開設して以来、積極的に中国との共同制作に関わってきた。

いまでは中国オフィスに20人以上のスタッフを抱えており、これまでに中国語映画75本程度に関与。また、「グレートウォール」のチャン・イーモウ監督や、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のドニー・イェンらをクライアントに抱えている。

一方、CMCキャプタル・パートナーズは、Imax Chinaや制作会社Star China、ワーナーとの共同事業Flagshipなどに投資を行っている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース